タグ別アーカイブ: エーチーム 評判

エーチーム 評判

【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、コメント力絶賛される

吉岡里帆(エーチーム所属)
コメント力絶賛される

 

日本コカ・コーラ「綾鷹 茶葉のあまみ」新発売記念イベント

 
3月7日(水)、日本コカ・コーラ「綾鷹 茶葉のあまみ」新発売記念イベントが開催され、新CMに出演する女優の吉岡里帆(エーチーム所属)が、清楚な衣装でゲストとして登場した。

イベントには、京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」代表の上林秀敏氏も出席。京都出身の吉岡は、上林氏の京都弁が混ざった話し言葉を間近で聞き「京都出身の方とたまにお仕事をすると、(京都弁が)移る感じがあったりします。『懐かしいな』と地元に帰ってきたような気持ちになります」と満面の笑みを浮かべた。

吉岡里帆 「綾鷹 茶葉のあまみ
新発売記念イベント」

 

吉岡里帆の表現を絶賛

吉岡はお茶が大好きだそうで、「苦味と渋み」、「旨味」、「あまみ」を表現した3種類のお茶を体験し、味わいを表現する企画も。吉岡は特に、「あまみ」を表現したお茶について、「本当に美味しいです」と目を輝かせ、「とにかく、優しく包み込んでくれるようなあまみです。最近、温かくもなってきましたし、春の訪れを感じていただけるような、そんな味わいかなと思います」と声を弾ませた。

 
上林氏は、吉岡の「春の訪れ…」のフレーズに驚いた様子で、「さすがですね。素晴らしいコメントだったと思います。我々はあまり、そういう表現をされることを聞いたことがないのですが、聞くと、この味わいにふさわしい表現だなと思いました。私も使わせていただきます」と絶賛していた。


吉岡里帆、コメント力絶賛される – モデルプレス
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆「すごく愛おしい」時間とは:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、激動の2017年を経て変化「自分で引っ張りたいという、強い意志が芽生えた」 – エーチームのオーディションって…。
【芸能事務所エーチーム所属】吉岡里帆 「大事なものを全部切り捨てて」上京した女優への夢と覚悟 – エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、2017年間ドラマ賞「新人賞」に!
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、事務所の後輩にメロメロ|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆が体当たりで挑む! 新ドラマ「きみが心に棲みついた」SPインタビュー – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆:NHK朝ドラ「あさが来た」のオーディションで言い続けたこと|エーチームオーディションに関するあれこれ
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆


吉岡里帆、京都弁に「懐かしいな」

 

広告

【芸能事務所エーチーム評判】『99.9』白井晃が元科捜研・沢渡役を怪演

白井晃(エーチーム所属)が
元科捜研・沢渡役を怪演
「このばかものどもが!」

 

TBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』

 
松本潤が主演するTBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』もいよいよ佳境だ。3月11日に放送された第8話では東京地方裁判所所長代行・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)が裁判長を務める法廷で、深山大翔(松本潤)たち斑目法律事務所法務部刑事専門ルーム弁護士チームが敗訴してしまう。

今回のゲストで強烈なキャラクターと言えば、元文部科学大臣・藤堂正彦役の佐野史郎だろう。深山のいとこ、アフロヘアーの坂東健太(池田貴史)が営む小料理屋「いとこんち」では、常連客のシンガーソングライター・加奈子(岸井ゆきの)がかかってきた携帯電話に出て「アナゴが木馬に! 冬彦さんで~!?」と話しながら飛び出す小ネタもあった。

その藤堂正彦の選挙事務所で殺害事件が起き、深山たちが調べるうちに毒物のセトシンが使われたことが分かる。ところがそのセトシンの成分分析で「科学捜査研究所」(科捜研)による結果よりも、元科捜研で個人的に鑑定をしている専門家・沢渡清志郎(白井晃)はさらに細かく分析できるという。

 
常に着古した白衣を纏う沢渡は、深山らにそれがどういうことかを説明する際「発言する時は挙手してハイと言え」とこだわるように風変りなところがある。

極めつけは裁判での言動だ。やはり白衣で登場して証拠となる分析結果を説明するが、検察から「混乱させるような証言だ」と指摘される。彼は気色ばんで「混乱させようとしてるんじゃない! 科捜研が自分たちの方式にこだわって間違った結論を出そうとしているから言ってるんだ! このばかものどもが!」とまくしたてた。

裁判長から「暴言を慎むよう」注意されてしまうが、

 
その姿に金曜ドラマ『アンナチュラル』の第3話で「有罪率99.9%のプライドを賭けて」裁判に臨む辣腕検事に対する、証人として立ったUDIラボの法医解剖医・中堂系(井浦新)の姿を思い浮かべたのは記者だけではあるまい。

もちろん井浦新演じる中堂系とイメージは異なるが、口が悪くても理論的に揺るがないキャラクターは近いものがある。ゲスト出演にしてその存在感を出す白井晃は流石だ。佐野史郎が「静」ならば白井は「動」の熱演を見せ切った。

 
最終的に事実を見つけて判決を覆した深山たちだが、次回の最終話ではまたしても川上裁判長と対決することになる。2時間スペシャルとはいえ、底知れない不気味さを持つ川上憲一郎との因縁に決着はつくのだろうか。


『99.9』元科捜研・沢渡役を白井晃が怪演「このばかものどもが!」 | Techinsight
エーチーム・エーライツ/News: 【エーチーム噂】白井晃演出×多部未華子主演舞台『オーランドー』稽古場レポート 時空も性別も越える不思議な物語
【芸能事務所エーチーム評判】白井晃インタビュー 性の変換を逆手にとって魂の普遍性を表現するヴァージニア・ウルフの『オーランドー』|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム噂】白井晃演出のミュージカル『アダムス・ファミリー』が再演 – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃


【芸能事務所エーチーム評判】滝田洋二郎監督『北の桜守』ぴあ映画初日満足度ランキング第1位!

ぴあ映画初日満足度
ランキング発表!
第1位は『北の桜守』

 

“ぴあ映画初日満足度ランキング”発表

 
国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2018年3月10日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

 
第1位は、吉永小百合が主演を務め、滝田洋二郎監督がメガホンを執った『北の桜守』。ソ連の侵攻により樺太から網走へと渡った母と息子が、貧しくも懸命に生き抜く姿を描いた親子の物語。

 
第2位は、2017年に放送されたテレビシリーズの主人公ウルトラマンジードが強大な敵に立ち向かっていく『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』。第3位は、1980年から2010年の激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドにおける金と権力の駆け引きを描き、2017年の韓国の映画賞レースを席巻した『ザ・キング』に決定しました。

映画『北の桜守』 本予告

 

ぴあ映画初日満足度ランキング

1位『北の桜守』92.1点
2位『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』91.5点
3位『ザ・キング』91.3点
4位『坂道のアポロン』90.9点
5位『ニッポン国VS泉南石綿村』90.6点
6位『恋するシェフの最強レシピ』90.3点
7位『去年の冬、きみと別れ』89.5点
(3月10日ぴあ調べ)

 

観客コメント

1位『北の桜守』92.1点
「主義や正義といったものを超えて、純粋に戦争の悲惨さや、巻き込まれた人々の状況を描いた作品で、戦後の食べ物がない時代を私も生きたので、共感した。吉永さんが演じた主人公てつの筋が通った強さが素敵だった」(76歳・女性)
「これから皆が直面する親の老後という問題を内面的に表現していた。有名な俳優ばかりで皆よかったが、やはり吉永小百合さんの演技は素晴らしかった」(66歳・男性)
「子どもの頃に戦争を体験し、怖い思いをしたので、この映画をぜひ次の若い世代に観てほしい。風化させないでほしい。今までこんなに泣いたことがない、というほど泣いた。ありがとうって言いたくなる作品だった」(70歳・女性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは

ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。

映画『北の桜守』大ヒット公開中


映画『北の桜守』公式サイト
ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』:時事ドットコム
【芸能事務所エーチーム評判】映画「北の桜守」滝田洋二郎監督インタビュー – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム評判】ぴあ映画初日満足度調査第1位!『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の愛とミステリーに絶賛の声多数 – エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】二宮和也の演技力とは?『おくりびと』滝田洋二郎監督が明かす
【芸能事務所エーチーム評判】滝田洋二郎監督・映画「北の桜守」撮影現場 理想の女性像投影 吉永小百合120本目の出演 – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
滝田洋二郎 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|滝田洋二郎