タグ別アーカイブ: エーチーム オーディション

エーチーム オーディション

【エーチームグループオーディション】“関東一可愛い女子高生”を決めるミスコン、グランプリ決定【2015年夏】

“関東一可愛い女子高生”を
決めるミスコン
グランプリ決定

8月13日、東京・渋谷DUOにて『LOVE SUNSHINE 2015』が開催され、関東一可愛い女子高生(高校1年生限定)を決めるミスコン『関東高一ミスコン2015』のグランプリが発表された。
 


『関東高一ミスコン2015』グランプリ
 に輝いた「みおぶ」さん

 
見事グランプリに輝いたのは「みおぶ」さん。名前が読み上げられた瞬間、涙が溢れた。「まさか自分がグランプリになれるとは思ってなかったので本当に夢のようです。応援してくれてありがとうございました」と感動の面持ちで語った。
 


『関東高一ミスコン2015』ファイナリスト

 
この日ファイナルステージに登場したのは、応募総数1000通を超えるエントリー者の中から書類選考、面接審査を通過し、さらに29人のセミファイナリストからモデルプレス投票(SNS投票)などで支持を集めた6人に、当日来場者枠の1人を加えた7人。審査員を務めたカリスマモデルプロデューサー・池田隼人氏(エーチームグループ・エーライツ取締役)は「審査員全員一致で決めさせてもらいました」と明かした。
 


【準グランプリ】れーいん

 
また、準グランプリには「れーいん」さんが選出された。なお、グランプリ・準グランプリに選出された2人は、2016年3月22日開催の『全国女子高生ミスコン2015』のシード権を獲得。“関東一”の称号を手にしたのも束の間、“日本一可愛い女子高生”の座を狙った熾烈な争いを続けることとなる。
 


【ファイナリスト】おのみさ

 
◆ちぃぽぽ、ちさみぽ、ほのちぃなど
有名モデルを多数輩出

『LOVE SUNSHINE』(通称:ラブサン)は一年に一度、冬の時期に開催されている『D-1』の夏バージョンで、今年で11年目を迎える。ラブサンでのミスコンは2011年よりスタートし、“関東地区に住む高校一年生で一番可愛い子を決めよう”をコンセプトにしている。2012年開催の第2回は元『Happie nuts』専属モデルの岩瀬萌がグランプリ、『Ranzuki』専属モデルのちぃぽぽが準グランプリを獲得。某大手ポータルサイトの年間10大ニュースで6位になるほどの話題を集めた。そのほか『Popteen』で活躍する古泉千里(ちさみぽ(エーライツ所属))、『Ranzuki』で活躍する大和屋穂香(ほのちぃ(エーライツ所属))などを輩出している。
 


【ファイナリスト】みーたん

 

◆『LOVE SUNSHINE 2015』今年の出演者は?

ラブサンは、これまでに雑誌『S Cawaii!』専属モデルの鈴木あや(エーライツ所属)、ろみひ(エーライツ所属)、メンズモデルの大倉士門、藤田富、こんどうようぢらが出演し、累計約2万人の高校生たちが参加してきた。今回は若者から絶大な支持を受けるちぃぽぽや藤田ニコル、テレビや雑誌で幅広く活躍中の今井華(エーライツ所属)、さらにアーティストゲストとして若旦那などが出演した。
 


【ファイナリスト】さぁちゅん

 
『関東高一ミスコン2015』投票サイト
 


【ファイナリスト】みーちゃん

 


【グランプリ】みおぶ

“関東一可愛い女子高生”を決めるミスコン、グランプリ決定【2015年夏】- モデルプレス
さんま「ラブメイト」ランクインの美女、“関東一可愛い女子高生”を決めるミスコンでグランプリならず – エキサイトニュース
【芸能】“関東一可愛い女子高生”グランプリは「みおぶ」さんに決定 – 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
“関東一可愛い女子高生”を決めるミスコン、グランプリ決定【2015年夏】|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – “関東一可愛い女子高生”を決めるミスコン、グランプリ決定【2015年夏】
“関東一可愛い女子高生”を決めるミスコン、グランプリ決定【2015年夏】 – NAVER まとめ
渋谷のカリスマ・あっくん、“ホーム”渋谷で本領発揮 パーティーロックに女子熱狂 – モデルプレス
さんま「ラブメイト」ランクインの美女を直撃!さんまとの出会い・裏話・反響を語る「人生が変わった」「いつか共演したい」…モデルプレスインタビュー – モデルプレス



『関東高一ミスコン2015』グランプリ
に輝いた「みおぶ」さん

【エーチーム噂】吉岡里帆・2015年ブレイク必至女優の素顔に密着!

2015年ブレイク必至
“女優・吉岡里帆”の
素顔に密着!

「2015年ブレイク女優の大本命」――昨年からそう囁かれているのが、映画『明烏 あけがらす』(5月16日公開)でヒロイン役に抜擢された女優・吉岡里帆だ。
 


吉岡里帆(エーチーム所属)

 
今年の出演作は『マンゴーと赤い車椅子』『幕が上がる』に続き早くも3本目。奇才・福田雄一監督の目に留まり、菅田将暉、城田優ら実力派俳優との共演を果たす。今や映画で引っ張りだこの女優・吉岡里帆の素顔をとくとご堪能あれ!
 


吉岡里帆(エーチーム所属)

 
――そもそも女優になったのは、演技が好きだったから?

吉岡里帆(以下、吉岡):そうですね。うちは父も母も祖母も映画や舞台が好きで、小さい頃から触れることが多かったんです。生まれが京都なので南座で歌舞伎とか、あとは日本舞踊や古典も好きで、偏ることなくいろいろ好きでいられたのは家族のおかげですね。地元に好きな落語家さんがいて、その人の寄席にも通ってました。でも、仕事にしたいっていう意識が生まれたのは遅かったです。

実家が太秦(うずまさ)で東映も松竹も近くて、ちょんまげの人がお昼ご飯を食べるのにうろうろしてたりとか、映画を撮影してる風景が日常でしたね。
 

 
――学生時代はどう過ごしていたの?

吉岡:高校のときは独学でお芝居を勉強してみて、これじゃダメだってことで高3から養成所に通いだしたり、地元で学生制作の映画に参加したりしました。

それから大学に入って演劇をしてる子たちに出会ってしまって、そのエネルギーに触れちゃうともう戻れないんですよ。つかこうへい作品、三島由紀夫作品、唐十郎さんとか古典的な作品をする劇団があって、そういう泥臭くて狂気じみたことをしてる子たちがいるんだなって衝撃でしたね。
 

 
――ということは、芸能界に入るのは遅かった?

吉岡:後悔したこともあるんです。早くこの世界に入ってたら、もっとたくさんのものに出会えただろうなって。でも、今となっては何となく過ごしていた、何でもない生活をしてたことがお芝居に生きてるって信じてます。書道をやっていたので、何かひとつのものを作るときの集中力はそこでもらった気がするし。
 

 
――今回の映画『明烏 あけがらす』ではコメディ初挑戦ですね。

吉岡:撮影は本当に楽しかったです。お芝居は難しくて毎日の撮影は胃が痛かったんですけど、その胃の痛さを超える笑いがあって、常に楽しくて刺激を受けました。他の出演者の方を見て、何がおかしくて、何がおかしくないのか、見て、聞いて、っていうことをずっと繰り返してました。「いつかこんな人たちと共演できたら素敵だな」って思ってたことがすぐに叶ってしまって、自分では夢を見ているような気分でした! 楽しかったなぁ(笑)。
 

 
――主演の菅田将暉さんは『そこのみにて光輝く』での演技も印象的ですね!

吉岡:もう素晴らしくて、3回くらい映画館に通いました。菅田さんと共演したいと思ったのがこの作品を観てなので、映画自体も素敵だけど、やっぱり菅田さんの演技は圧倒的に刺さるものがあって……映画館で嗚咽しちゃいました。
 

 
――芸能活動を始めて、世間からの反響は?

吉岡:初めて知らない人から反応をもらったのは、チャットモンチーのPVだった気がします。それから手紙もたまに送ってくださって、宝物ですね。持ち歩きます、ファイルとかに入れて(笑)。

この仕事を始めて、今まで会わなかったはずの人たちに会うことが勉強になってるので、今はどんな仕事でも「楽しい」が一番になっています!
 

 
――日々の生活で意識していることは?

吉岡:今まで舞台は好きな作品を観ていたんですけど、そうじゃなくて人気のあるもの、お客さんがたくさん入る劇場に行くようにしていますね。たくさんの人に愛してもらえるもの、みんなが喜ぶものは何なのかをリサーチしています。
 

 
――最後に、今後の目標とメッセージをお願いします!

吉岡:一番は楽しんでもらえる作品を作ること、二番目は生活に寄り添った生々しいものをつくること、今はそのふたつが頭にあります。私生活って楽しいことばかりじゃないし、みんなそれぞれ悩みがあって、そこに嘘をついていない作品をやっていきたいですね。『明烏 あけがらす』では笑ってもらえたら本望なので、今後も観てくださる人のために努力を惜しみません! と宣言します(笑)。
 

 
●映画『明烏 あけがらす』
5月16日(土)全国ロードショー

監督・脚本:福田雄一
出演:菅田将暉、城田優、若葉竜也、吉岡里帆、柿澤勇人、松下優也、新井浩文、ムロツヨシ、佐藤二朗
映画『明烏』公式サイト
 

「明烏 あけがらす」予告編

2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!【撮り下ろしショット公開】 | 日刊SPA!
2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!【撮り下ろしショット公開】- 記事詳細|Infoseekニュース
【エーチーム 噂】2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム 噂】2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!
吉岡里帆『遠い記憶』 – グラビア – グラビア・動画|週プレNEWS【週刊プレイボーイのニュースサイト】
吉岡里帆、芝居に一途な京娘!共演の城田優「スルメのような女優」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)
菅田将暉、アドリブで城田優にビンタ! 「それだけイラッとした」 | RBB TODAY
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆
エー・チームとは – はてなキーワード
吉岡里帆 – Wikipedia



吉岡里帆(エーチーム所属)

【エーチーム噂】城戸裕次・中年イケメン俳優に期待

中年イケメン俳優・
城戸裕次に期待
そっくり?な
新渡戸稲造役に抜擢

最近、質実剛健のイケメン俳優の登竜門になっているのが“戦隊もの”だ。城戸裕次(37・エーチーム所属)は、2000年にスーパー戦隊シリーズ第24作「未来戦隊タイムレンジャー」でタイムブルー、つまり青レンジャー役を演じ、全国区となった。精悍さと甘いマスクを併せ持ち、テレビドラマや時代劇映画で活躍する。
 


城戸裕次(エーチーム所属)

 
昨年の忘年会で「高須さん、お久しぶりです」と城戸からあいさつされ、「なんだか、誰かに似てきた…」と、ふと思った。
今年に入って友人である岩手めんこいテレビの工藤哲人プロデューサーから「城戸さんを正式に紹介してください」と言われ、引き合わせた。
そして先月、城戸が声を弾ませて報告に来た。
「新渡戸稲造をテーマにしたドキュメンタリー番組の主役に抜擢されました!」
その瞬間、私は「あっ」と声をもらし、「確かにお前は五千円札(1984~2007年)に描かれた教育学者の新渡戸さんに、顔つきが似てきた。口元にひげをたくわえれば、十分演じられる」とハマリ役を得たことを喜んだ。
 


左・高須基仁氏がひいきにする城戸裕次

 
この連載で何度も書いているが、わたしは玩具メーカーのトミー(現タカラトミー)勤務時代にヒットメーカーとしてライバル社としのぎを削っていた。70~80年代は、ポピー(当時)が「マジンガーZ」を中心に勢力を伸ばした。一方、私がトミーでプロデュースした「恐竜探検隊ボーンフリー」も大ヒットし、「伝説巨神イデオン」まで人気作を連発した。
だから、いまも日曜日の朝には戦隊ものを見続けているし、城戸の活躍も見届けていたのだ。
城戸は岩城滉一や伊藤英明らを抱える有力プロダクション・エーチームに所属する。私の古い友人である社長は、「いい味が出せる俳優になったでしょう。4月から始まるドラマ『天皇の料理番』(TBS系)にも出演するんですよ」と語った。
従弟にはK-1ファイターとして知られるキックボクサーの城戸康裕(32)がいて、格闘家の中でも私は長くひいきにしている。
中年になり、ひと皮むけた城戸裕次に大いに期待したい。(出版プロデューサー・高須基仁)
 


【人たらしの極意】中年イケメン俳優・城戸裕次に期待 そっくり?な新渡戸稲造役に抜擢 – 芸能 – ZAKZAK
月刊「サイゾー」過激連載は16年越え!! | 高須基仁の”百花繚乱”独り言 – 楽天ブログ
城戸裕次オフィシャルブログPowered by Ameba
【芸能】「未来戦隊タイムレンジャー」でタイムブルー役を演じた俳優の城戸裕次が結婚を発表!突発性難聴のサポートにも感謝 – 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
【エーチーム 噂】中年イケメン俳優・城戸裕次に期待【エーチーム 所属】|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム 噂】中年イケメン俳優・城戸裕次に期待【エーチーム 所属】
エーチーム/エーライツ/エープラス@2ちゃんねる – 【エーチーム2ちゃんねる】中年イケメン俳優・城戸裕次に期待【エーチーム 噂】
城戸裕次 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|城戸 裕次
エー・チームとは – はてなキーワード
城戸裕次とは – はてなキーワード



城戸裕次(エーチーム所属)