タグ別アーカイブ: エーチーム噂

【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」

吉岡里帆(エーチーム所属)
が告白「落語家を
目指していた時代」

吉岡里帆インタビュー 2018/01/16 #1

ドラマにCMに大ブレイク中の女優・吉岡里帆(エーチーム所属)は生粋の「テレビっ子」だった! インタビューでは、紅白歌合戦体験談から落語家を目指していた“秘密の履歴書”までをお伺いしました!

「高橋一生さんと吉岡さんは終始映っていると思いますので」

――『紅白歌合戦』のゲスト審査員、お疲れ様でした。『紅白』はどうでしたか?

吉岡里帆やっぱりすごく感動しましたね。親戚のみんなが喜んでくれて。すごくおめでたい仕事だなと思いました。みんなが観てくれてるというのは、冥利に尽きる感じがあって楽しかったです。2017年にお世話になったアーティストさん達のパフォーマンスを見ることができて幸せでした。

――ずーっと映る、すごく大変な席に座られていて(笑)。

吉岡里帆そうなんですよ! 当日、「審査員席がちょっと昨年とは変更になりまして」という説明があって、「高橋一生さんと吉岡さんは終始映っていると思いますので、気を引き締めていきましょう」みたいに言われて(笑)。

――当日!

吉岡里帆えっ? みたいな(笑)。私はお客さん目線で見れるから楽しみだなぁと思ってたんですけど、すごくガチガチに緊張してました。

――お正月は休めたんですか。

吉岡里帆はい、31日が『紅白』だったので、お正月は、おばあちゃんとお母さんと東京に招待して、一緒に年越しを東京で過ごしました。その後みんな一緒に京都の実家に帰って、親戚一同、家族で集まって、みんなでお祝いしました。

「パジャマでおじゃま」に出たかった

――それでは、子供の頃のお話を聞きたいんですけれども、そもそもテレビって好きでしたか?

吉岡里帆好きでした! うちはテレビを観てるほうだったと思います。

――最初に記憶しているテレビって何ですか。

吉岡里帆やっぱり『おかあさんといっしょ』ですね(笑)。「はみがきできるもん」とか、パジャマを着る……、

――「パジャマでおじゃま」?

吉岡里帆そうそう、「パジャマでおじゃま」。あれに出たくて出たくて(笑)。めちゃくちゃ早くパジャマに着替えるっていうのを、お母さんにアピールしていました。

――あはは。

吉岡里帆私の方が絶対あの子より早く着替えられる! みたいな。

ふすまのスキマから『ウルルン滞在記』

――小学校の頃は?

吉岡里帆私は映画がとても好きだったので、『金曜ロードショー』がテッパンで、家族みんなで観てました。当時は色々ありましたよね、夜に映画を放送するのが。

――ありましたね。『ゴールデン洋画劇場』とか。

吉岡里帆あぁそう、『ゴールデン洋画劇場』は弟とワクワクしながら観てました。

――『刑事コロンボ』とかよくやってましたね。

吉岡里帆そう、『コロンボ』! 『ターミネーター』とか、あとあれですよやっぱり、『酔拳』。

――ジャッキー・チェン。

吉岡里帆そう、ジャッキー・チェン。アクション映画は弟とワイワイ言いながら観てた記憶があります。あと大好きだったのが、『ウルルン滞在記』。もう昔から『ウルルン』大好きで。でもあれって確か夜9時か10時でしたよね、放送が。

――日曜夜10時ですね。

吉岡里帆小学生が観るには遅い時間で。親が9時には寝かせたがっていたので、私は寝室に行かされるんですけど、ふすまのスキマから開けてこっそり観てました。

――隙間から(笑)。

吉岡里帆今回出演するドラマ『きみが心に棲みついた』で共演してる桐谷健太さんや向井理さんも出演されていたんですよ。だから私、絶対リアルタイムで観てるんですよ、お二人が「滞在」しているのを! あの番組に出られたなんて、すっごい羨ましくて! 撮影の空き時間は『ウルルン』の話を沢山聞きました。『ウルルン』がなくなるって聞いた時に、私も行きたかったーって絶望したくらい大好きな番組でした。

――観るだけじゃなくて、自分が行きたかったんですね(笑)。

吉岡里帆特に過酷な回が好きでした。東南アジアとか、サファリ系の場所とかいいなぁって。

『ビューティー7』っていうドラマがすっごい好きだったんです

――中学の頃はそんなテレビを観てましたか?

吉岡里帆『あいのり』が人気でしたね。次の日、「観た?」って絶対学校で話題になって。「総理」がどうしたとか、「ゴキ」がどうだとか。

――ドラマは観てましたか?

吉岡里帆『ケイゾク』です! 堤(幸彦)監督が好きで。『SPEC』が始まった時も、『ケイゾク』の続編って聞いて、もうワクワクして観ましたね。あの加瀬亮さんと戸田恵梨香さんのコンビが大好きで。それから『TRICK』は家族でみんなで観ていたシリーズのひとつです。

――家族みんなで!

吉岡里帆うちは父親がすごく忙しい人だったので、土日にディズニーランドに行くとか温泉に行くとか、そういう休日があまり過ごせなかったんです。その代わり、夜にお父さんが帰ってきたら一緒に『金曜ロードショー』や『ゴールデン洋画劇場』を観たり、ドラマ観たりするのが、家族で過ごす大切な時間だったんです。家族ってもちろん世代はバラバラだけど、それでも一緒に楽しめるからいいですよね。家族が仲良くいられるためのツールだったかもしれないです。

――ああ、なるほど。

吉岡里帆それから『ビューティー7』っていうドラマがすっごい好きだったんです。7人のエステティシャンを目指す見習いの子たちを、主演の桃井かおりさんが育てるというストーリー。私は毎週欠かさず録画して観てました。『HERO』もVHSに全部録画して、何回もすり減るぐらい観てました。ドラマ以外だと『プロジェクトX』とか、『情熱大陸』とか、ドキュメンタリー系もすごい好きです。

――それは子供の頃から?

吉岡里帆そうです。たぶん両親が好きだからしょっちゅう一緒に観てたんです。特に、職人さんの生きざまみたいなドキュメンタリーが好きです。ひとつのことにストイックに、真っ直ぐ打ち込むという姿は、テレビで観るとより感化される気がするんです。私も頑張ろうみたいに。だから今だと、『情熱大陸』の次の日は、やたらやる気が出てます(笑)。

――そのお話はストイックな吉岡里帆さんの姿に繋がるようですけど、お父様は熱い人なんですってね。

吉岡里帆物事に対して真摯に向き合っていくべきだっていう考えが強い人です。その分、優しい人でもあるんですけど。

作りこんだコント大好き!

――ご家族とはテレビをよく一緒に観ていたというお話でしたけど、それでも「これは観ちゃダメ」みたいな制限はなかったですか。

吉岡里帆テレビの制限……なんかあったかなぁ……。あぁ、『ロンドンハーツ』は観させてくれなかったですね、あんまり。観てると「ダメ、観ちゃ!」って(笑)。

――どんなところがダメだったんですか?

吉岡里帆ドッキリ企画かなんかだと思いますけど、観ながら「好きな人にこんな裏切られたら最悪」とか呟いてたら、お母さんに「そんなことないからね」「大丈夫、愛は信じてればちゃんとあるから」って、説得された記憶がありますね(笑)。あと、バラエティ番組で言うと、ちょっと世代違うんですけど、私、『ごっつええ感じ』の大ファンで。『ごっつ』はビデオで借りてきてめっちゃ観てますね。やっぱり関西出身なんでお笑いが好きなんです。『吉本新喜劇』は毎週観てたし。あと私の世代だと『爆笑レッドカーペット』とか、『エンタの神様』とか。『エンタ』で、ドランクドラゴンさんやアンジャッシュさん、しずるさんを好きになりましたね。

――じゃあ、結構作りこんだコントの方が好き?

吉岡里帆作りこんだコント大好き! 『ごっつ』に、私がすごく好きな「浸水家族」っていうネタがあって。YOUさんが浜田(雅功)さんを連れて、結婚を申し込むというコントなんですけど、お父さんが松本(人志)さんで、お母さんが今田(耕司)さん。あと犬が1匹いる。バッて玄関の扉を開けるとガーッて水が流れてくるっていう(笑)。それで浜田さんがウッてなってなるんですけど、YOUさんは普通に洪水の中をパーッと歩いていって、「ただいまー」みたいな。

――あはは。

吉岡里帆「そうめん食べるー?」とかいって、そうめん台をガーッと作って、パーッと下りてくると、そうめんがバーンってビチャビチャの床に落ちて。それをカーッと手で洗って、「はーい」って(笑)。そういうコントを当時つくっていたのが三木聡監督。去年、映画(『音量を上げろタコ!』)でご一緒した時に沢山お話する機会があって、その頃のことを色々お伺いしたんですよ。

――へえ!

吉岡里帆やっぱり当時はコント番組1つとっても、予算がたっぷりあって、豪快なセットの中、自由な演出をさせてもらって、ほんとにいい時代だったと。だからあんな面白い名作がいっぱい生み出されていたんだなって思いました。

学生時代の落語の縁が、やがて鶴瓶さんに

――笑いですと、落語もお好きなんですよね?

吉岡里帆はい。落語は、寄席に母とおばあちゃんとよく一緒に行ってました。

――どなたが好きだったんですか?

吉岡里帆私はずっと桂春蝶(しゅんちょう)さんが好きです。あと、桂ざこばさんのお弟子さんのひろばさん。

――どういうところに惹かれたんですか?

吉岡里帆ひろばさんは、酔っ払いのネタがすごく上手なんです。声がしゃがれてて、ちょっとやんちゃな落語というか、お行儀良くない感じの落語がすごく素敵です。春蝶さんは私が学生の頃に通っていた嵐山のアルバイト先の近くで、よく高座に立たれていたんです。それで、よく聴きに行っていたんですけど、あの頃はとにかくなんでもいいから勉強したいって思ってて、それで春蝶さんに「落語を教えて欲しいです!」ってお願いしたこともあるんです。

――へぇー、そうなんですか!

吉岡里帆「まぁ弟子ってわけにはいかへんけど、お稽古はつけれるから」みたいな感じで、1、2回稽古をつけていただいたことがあります。その直後に映画のオーディションに受かって、仕事も増えていったので、高座に立つような機会はありませんでしたけど、もしかしたらそっちの世界に行ってたかもしれないです。

――けっこう、本気だったんですね。

吉岡里帆そうですよ!

――高座ではないですが、鶴瓶さんとはアドリブ即興劇を展開する『スジナシ』で、ついに共演をされていましたね。

吉岡里帆私が落語を教えて欲しいですと直談判した話が、春蝶さんから鶴瓶師匠に伝わったらしいんです。それがきっかけでゲストに呼んでくださったんです。昔の縁がこういう風に今に繋がってるんだなぁって感動しちゃいました。


吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」 | 文春オンライン
【芸能事務所エーチーム噂】阿部サダヲ&吉岡里帆、応援団風にのけぞり絶叫!『音タコ』完成披露:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、うなじが美しい妖艶和服姿に絶賛続々 – エーチームのオーディションって…。
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、胸元チラリ…美ボディ際立つSEXYショットに絶賛の声 – エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】新ドラマ出演の吉岡里帆、亡くなった社長が「背中を押してくれた」
エーチーム|エーライツ 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、ツヤ肌色っぽメイクでイメチェン「大人らしくて最高」「全てが完璧」と反響
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆と一緒に野球観戦!? – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆


広告

【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、コメント力絶賛される

吉岡里帆(エーチーム所属)
コメント力絶賛される

 

日本コカ・コーラ「綾鷹 茶葉のあまみ」新発売記念イベント

 
3月7日(水)、日本コカ・コーラ「綾鷹 茶葉のあまみ」新発売記念イベントが開催され、新CMに出演する女優の吉岡里帆(エーチーム所属)が、清楚な衣装でゲストとして登場した。

イベントには、京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」代表の上林秀敏氏も出席。京都出身の吉岡は、上林氏の京都弁が混ざった話し言葉を間近で聞き「京都出身の方とたまにお仕事をすると、(京都弁が)移る感じがあったりします。『懐かしいな』と地元に帰ってきたような気持ちになります」と満面の笑みを浮かべた。

吉岡里帆 「綾鷹 茶葉のあまみ
新発売記念イベント」

 

吉岡里帆の表現を絶賛

吉岡はお茶が大好きだそうで、「苦味と渋み」、「旨味」、「あまみ」を表現した3種類のお茶を体験し、味わいを表現する企画も。吉岡は特に、「あまみ」を表現したお茶について、「本当に美味しいです」と目を輝かせ、「とにかく、優しく包み込んでくれるようなあまみです。最近、温かくもなってきましたし、春の訪れを感じていただけるような、そんな味わいかなと思います」と声を弾ませた。

 
上林氏は、吉岡の「春の訪れ…」のフレーズに驚いた様子で、「さすがですね。素晴らしいコメントだったと思います。我々はあまり、そういう表現をされることを聞いたことがないのですが、聞くと、この味わいにふさわしい表現だなと思いました。私も使わせていただきます」と絶賛していた。


吉岡里帆、コメント力絶賛される – モデルプレス
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆「すごく愛おしい」時間とは:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、激動の2017年を経て変化「自分で引っ張りたいという、強い意志が芽生えた」 – エーチームのオーディションって…。
【芸能事務所エーチーム所属】吉岡里帆 「大事なものを全部切り捨てて」上京した女優への夢と覚悟 – エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、2017年間ドラマ賞「新人賞」に!
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、事務所の後輩にメロメロ|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆が体当たりで挑む! 新ドラマ「きみが心に棲みついた」SPインタビュー – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆:NHK朝ドラ「あさが来た」のオーディションで言い続けたこと|エーチームオーディションに関するあれこれ
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆


吉岡里帆、京都弁に「懐かしいな」

 

【芸能事務所エーチーム評判】『99.9』白井晃が元科捜研・沢渡役を怪演

白井晃(エーチーム所属)が
元科捜研・沢渡役を怪演
「このばかものどもが!」

 

TBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』

 
松本潤が主演するTBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』もいよいよ佳境だ。3月11日に放送された第8話では東京地方裁判所所長代行・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)が裁判長を務める法廷で、深山大翔(松本潤)たち斑目法律事務所法務部刑事専門ルーム弁護士チームが敗訴してしまう。

今回のゲストで強烈なキャラクターと言えば、元文部科学大臣・藤堂正彦役の佐野史郎だろう。深山のいとこ、アフロヘアーの坂東健太(池田貴史)が営む小料理屋「いとこんち」では、常連客のシンガーソングライター・加奈子(岸井ゆきの)がかかってきた携帯電話に出て「アナゴが木馬に! 冬彦さんで~!?」と話しながら飛び出す小ネタもあった。

その藤堂正彦の選挙事務所で殺害事件が起き、深山たちが調べるうちに毒物のセトシンが使われたことが分かる。ところがそのセトシンの成分分析で「科学捜査研究所」(科捜研)による結果よりも、元科捜研で個人的に鑑定をしている専門家・沢渡清志郎(白井晃)はさらに細かく分析できるという。

 
常に着古した白衣を纏う沢渡は、深山らにそれがどういうことかを説明する際「発言する時は挙手してハイと言え」とこだわるように風変りなところがある。

極めつけは裁判での言動だ。やはり白衣で登場して証拠となる分析結果を説明するが、検察から「混乱させるような証言だ」と指摘される。彼は気色ばんで「混乱させようとしてるんじゃない! 科捜研が自分たちの方式にこだわって間違った結論を出そうとしているから言ってるんだ! このばかものどもが!」とまくしたてた。

裁判長から「暴言を慎むよう」注意されてしまうが、

 
その姿に金曜ドラマ『アンナチュラル』の第3話で「有罪率99.9%のプライドを賭けて」裁判に臨む辣腕検事に対する、証人として立ったUDIラボの法医解剖医・中堂系(井浦新)の姿を思い浮かべたのは記者だけではあるまい。

もちろん井浦新演じる中堂系とイメージは異なるが、口が悪くても理論的に揺るがないキャラクターは近いものがある。ゲスト出演にしてその存在感を出す白井晃は流石だ。佐野史郎が「静」ならば白井は「動」の熱演を見せ切った。

 
最終的に事実を見つけて判決を覆した深山たちだが、次回の最終話ではまたしても川上裁判長と対決することになる。2時間スペシャルとはいえ、底知れない不気味さを持つ川上憲一郎との因縁に決着はつくのだろうか。


『99.9』元科捜研・沢渡役を白井晃が怪演「このばかものどもが!」 | Techinsight
エーチーム・エーライツ/News: 【エーチーム噂】白井晃演出×多部未華子主演舞台『オーランドー』稽古場レポート 時空も性別も越える不思議な物語
【芸能事務所エーチーム評判】白井晃インタビュー 性の変換を逆手にとって魂の普遍性を表現するヴァージニア・ウルフの『オーランドー』|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム噂】白井晃演出のミュージカル『アダムス・ファミリー』が再演 – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃