カテゴリー別アーカイブ: 白井晃

【芸能事務所エーチーム評判】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』

白井晃(エーチーム所属)
の演出に、山本耕史、
マルシアらが呼応する

『マハゴニー市の興亡』
開幕直前の稽古場レポート!


白井晃(エーチーム所属)

 
2016年9月6日(火)より神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にて開幕する『マハゴニー市の興亡』。本作は、『三文オペラ』などで知られるドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトと作曲家クルト・ヴァイルのコンビが生んだ傑作であり問題作と言われ、1930年に初演されるも作品が含む社会に対する痛烈な皮肉から1933年にナチスが上演を禁止。日本でも、ほとんど上演例がないという作品だ。そんな謎に包まれた本作の稽古場から、レポートが届いたので紹介しよう。
 

 
4月にKAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した俳優で演出家の白井晃(エーチーム所属)が、長年上演を切望していた『マハゴニー市の興亡』が9月に同劇場で、ついにその全貌を現す。初日を目前に控えた稽古場では、元はオペラだった本作をジャズピアニストのスガダイローを音楽監督に迎えジャズテイストの音楽劇に再構築する、という白井の革新的な挑戦が続いていた。
 

 
作曲家ヴァイルによる捻りの効いた音楽を、主演の山本耕史が力強く歌い上げれば、ヒロインのマルシアがまるで語りかけるような説得力で歌声を響かせる。中尾ミエ、上條恒彦、古谷一行という選りすぐりのベテラン俳優陣の芝居は作品に重みを加え、若き男性アンサンブルや女性ダンサーたちの動きも日に日にシャープさを増す。
 

 
スガダイロー率いるバンドが奏でる音楽は、聴く者に挑みかかるような鋭利な感触を与える一方で、妙に心の奥底から駆り立てられ、浮き立つような気分にさせることも。それが、人間社会の愚かさや滑稽さを、情緒的な感情に引きずられずに描いていく叙事詩的なブレヒトの世界観に見事にフィットし、不思議な高揚感につながっていく。
 

 
「俳優の身体が雄弁に存在する舞台」との定評がある白井がこだわるのは、俳優たちの動きが、互いに呼応して連動していくこと。台詞の響き方一つにも細心の注意を払いながら、完成度を高めていくその様子は実にアグレッシブで、情熱にあふれている。KAAT 神奈川芸術劇場に、いったいどんな「欲望の街」が出現するのか。そして舞台上にもある客席「マハゴニー市民席」に座る観客らが、どのように「参加」していくのかについても期待が高まる。
 

 

 
『マハゴニー市の興亡』は9月6日(火)から9月22日(木・祝)まで神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場 ホールにて上演される。
 


マハゴニー市の興亡|公式|KAAT神奈川芸術劇場
白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』開幕直前の稽古場レポート! | エンタステージ
音楽劇:マハゴニー市の興亡を上演 KAATの白井晃 – 毎日新聞
山本耕史、何度も演出・共演している白井晃との交流明かす : スポーツ報知
ナチスが上演を禁止した問題作 山本耕史さん、青年役に:朝日新聞デジタル
【エーチーム噂】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム評判】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃
エー・チームとは – はてなキーワード
白井晃とは – はてなキーワード


【エーチーム評判】演出・白井晃「ペール・ギュント」再生の舞台 主演・内博貴

若者に問う生と死
「ペール・ギュント」
再生の舞台
演出・白井晃 主演・内博貴

ノルウェーの劇作家、イプセンが19世紀に書いた劇詩「ペール・ギュント」が現代によみがえる。演出家の白井晃(58)が7月に舞台化、主演のぺールにストレートプレー初主演の内博貴(うち・ひろき)(28)を迎える。人生に迷い、放浪の旅を続けるペールには現代の悩める若者像も投影される。白井は内に等身大のペールを期待、その姿を鏡として「人がいかに生き、死ぬかを考えたい」と話す。
 


白井晃(エーチーム所属)

 
ペール・ギュントは、イプセンと同じノルウェーの作曲家、グリーグが書いた楽曲とともに、1876年に初演された。落ちぶれた豪農の息子、ペールが行き当たりばったりの恋や人生に思い悩みながら自分探しを続け、青年期から老年期まで世界中を旅する冒険譚(たん)。楽曲は誰もが聞いたことのあるクラシックだ。

だが、「白井版」は、現代の荒くれたイメージを打ち出す。物語は、破壊された病院のような廃虚を背景に、ペールを思わせる胎児が夢を見ているかのように進む。音楽は、ジャズピアニストのスガダイローが即興に近い生演奏をつける。

斬新なアレンジにはペールを「今の時代に放り込む」(白井)狙いがあり、廃虚は世界中で続く紛争を映し出すものだ。構成と演出は白井、翻訳と上演台本は谷賢一が担当する。
 

「ペール・ギュント」演出|
白井晃 インタビュー

 
「どう生きるべきか」と死の間際まで迷うペールの人生を、白井は「生と死を核心に据えたドラマ」とみて、長年、上演の機会をうかがってきた。初演された19世紀後半は産業革命や明治維新など世界中で変革が起きた。そして、現代も中東紛争や緊迫する日本と中国の関係など転換期を迎えているように見える。

「今年に入って世の中が厳しい状態にあることを、手触りでかなり感じている。危うい、ひりひりとした状況の中で、どう生きるかを考えたかった」

その中で、白井は内に現代の若者像も投影した等身大のペールを求める。母、オーセ(前田美波里)と恋人、ソールヴェイ(藤井美菜)は聖母マリアのような“よりどころ”となる存在だ。「いつの時代も自分の居場所を探し続けている若者がペール。内君はナイーブで情感が豊か。まっさらな状態から自分の中にあるペールを見つけてほしい」
 


白井晃(エーチーム所属)

 
関西ジャニーズJr.としてデビューした内は、主にミュージカルの舞台で活躍してきた。「これまで歌と踊りが中心だったので、今回は本当にチャレンジ。挑戦者の気持ちでいかないとできない。出ずっぱりで10代から80代近くまで演じ分けるのも初めて。ペールの、思いついたらすぐ行動する部分は何となく分かりますが、どう演じたらいいか悩んでます」と打ち明ける。

過去にはジャニーズ事務所の先輩、岡本健一(46)が演じた役。「いろいろな人がやれば全然違う。『僕がペールです』と胸を張って言えるようになったら、それでいいのかな、と」

内の悩む姿はそのままペールに昇華されていく。その様子は「いくつになっても人は自分探しを続けるもの」であることを思い出させる。「見る人はペールを自分のこととして考える。生きる意味をどう見つけるか感じてほしい」と白井。7月11~20日、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場。
 


白井晃(エーチーム所属)

若者に問う生と死 「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴 – 産経ニュース
100年を経てもなお心に響く傑作「ペール・ギュント」に白井晃が挑む – 朝日新聞デジタル&M
「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 – NAVER まとめ
内博貴、豪華キャストと名作を蘇らせる – モデルプレス
白井晃が満を持して挑戦する舞台『ペール・ギュント』 | エンタステージ
【エーチーム】「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス@2ちゃんねる – 【エーチーム】演出・白井晃「ペール・ギュント」再生の舞台 主演・内博貴
『ペール・ギュント』公式|白井晃演出|内博貴、藤井美菜、加藤和樹、前田美波里ら出演
『ペール・ギュント』|KAAT 神奈川芸術劇場
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃
エー・チームとは – はてなキーワード
白井晃とは – はてなキーワード



白井晃(左)と前田美波里