カテゴリー別アーカイブ: 伊藤英明

【エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート

藤原竜也×伊藤英明
「22年目の告白」
エキストラ1000人超えの
大規模撮影レポート

2017年6月10日より
全国ロードショー

 
本作は、1995年に起きた連続殺人事件を巡るサスペンス。未解決のまま時効を迎えた事件だったが、発生から22年後のある日、犯人を名乗る男が“殺人手記”を発表したことから騒動が過熱していく。美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原竜也が、犯人を追い続けてきた刑事・牧村航を伊藤英明(エーチーム所属)が演じ、「SRサイタマノラッパー」の入江悠が監督を務めた。
 

 
この日撮影されたのは、曾根崎の手記「私が殺人犯です」の出版記念サイン会のシーン。東京都内にある複合商業施設のイベントスペースには特設ステージが組まれ、不敵な笑みを浮かべる曾根崎のポスターがあらゆる場所に吊り下げられている。観客として集められた1000人以上のエキストラが幾重にも列をなし、多くの報道陣が待機する光景に、思わず足を止める一般の通行人も多くいた。一方、会場の後方では抗議団体が「人の不幸で金もうけするな」などと書かれたプラカードを持って怒号を響かせ、警備員と揉みくちゃになっている。
 

 
満を持してステージ上に曾根崎が現れると、会場からはスタッフの指示通りに悲鳴のような歓声や、「そーねざき!」というコールが発生した。またビルの外では、牧村とその後輩刑事が会場に駆け付けるシーンの撮影も。被害者遺族が曾根崎への復讐を企んでいると聞きつけた2人は、それを阻止すべく抗議団体を押しのけて会場を目指す。
 

 
大規模な撮影を終え、藤原は「実はたくさんのエキストラの方が入る撮影は少し苦手で(笑)。でも面白かったです」と振り返る。これまでも殺人犯役を多く演じてきた藤原だが、曾根崎という男を演じ、「注目を集めなければいけないし、強烈なインパクトも必要とされていました。なので初期の段階から、監督も含めて衣装・メイクチームみんなが協力してくれて作っていったキャラクターだと思います。今までにあるようでなかった役です」と手応えを感じている様子だ。
 

 
1995年の過去パートから2017年の現代パートまで、時系列に沿って撮影された本作。時代の変化を見せる描写として、ほかにも1995年パートを16mmフィルムで撮影したり、2017年パートにはプロジェクションマッピングを用いた演出を入れるなど、細かなこだわりが盛りだくさんだという。伊藤は「どうしたって41歳の男が23歳を演じるのは難しいですね」と苦労を吐露。髪型など外見で年の重ね方を見せただけでなく、「(劇中のニュース番組で)過去の映像が流れる中、もう一度自分の中で当時を思い返すというのもすごく重要な役作りの1つでした。ト書き1つもそうだし、美術、メイク、衣装、そういうものの力も借りて演じているんだなと改めて思いました」と語った。
 

 
また監督の入江は脚本の執筆にも参加し、計37稿にものぼる改訂を重ねていったという。時効という問題を取り扱っていることで、法律監修の協力を受け、クランクイン後もキャストと一緒にシーンごとに台本の内容を検討してきたと話す入江。「1995年は自分にとって、言わば一番多感な時期に地下鉄サリン事件や阪神・淡路大震災が直撃した意味のある年なので、その年と現代の両方を描くというのは思い入れもやりがいもありました」と述べている。
 

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年初夏、全国にて公開予定


映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』オフィシャルサイト
藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート – 映画ナタリー
藤原竜也&伊藤英明、初共演に刺激と手応え「熱こもった話し合いしていた」 : 映画ニュース – 映画.com
藤原竜也と伊藤英明、初バトルの感想は?『22年目の告白』撮影現場に潜入 | ニュースウォーカー
エーチーム/エーライツの評判・噂・2ちゃんねる – 楽天ブログ
【エーチームグループ評判】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート: エーチームオーディションに関するQ&A♪
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【エーチーム2ちゃんねる】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
エー・チームとは – はてなキーワード
伊藤英明とは – はてなキーワード



伊藤英明(エーチーム所属)

 

【芸能事務所エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』

藤原竜也×伊藤英明が
初共演でW主演!
殺人犯と刑事に扮する
『22年目の告白』

『22年目の告白―
私が殺人犯です―』日本映画化


藤原竜也×伊藤英明

 
2012年に韓国で製作され、動員270万人を突破したクライムサスペンス映画『私が殺人犯です』。この度、この映画を原作とし、世代を代表する俳優、藤原竜也と伊藤英明(エーチーム所属)がW主演で、『22年目の告白―私が殺人犯です―』として日本映画化することが決定した。

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけること、背後から縄で首を絞めあげること、そして目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させること。その3つをルールとした残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。
 


藤原竜也

 
そして22年後のある日。1冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です」。それは、95年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。反感の情を押さえきれない世間。過熱するマスコミ報道、SNSにより一躍曾根崎は時の人になっていく。日本中を巻き込むその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった・・・。

告白本を出版する美しき殺人犯、曾根崎雅人役は、日本が誇る演技派俳優・藤原さん。幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『僕だけがいない街』を始めとする主演作を大ヒットに導いてきた。そして、事件発生直後から曾根崎を追い続けてきた刑事・牧村航役には、『海猿』シリーズなどで“熱い漢”を多く演じる一方で、『悪の経典』では猟奇殺人犯を熱演するなど、幅広い役をこなす本格派俳優・伊藤さん。“美しき殺人告白者”と“22年間事件を追い続ける刑事”、世代を代表する2人の火花散る演技に期待がかかる。そして、メガホンを取るのは日本映画界期待の新鋭・入江悠。『SR サイタマノラッパー』シリーズで一躍注目を集め、その後も『ジョーカー・ゲーム』などの話題作を手掛けてきた監督だ。
 


伊藤英明(エーチーム所属)

 
以前、「ブルータスの心臓」で入江監督が演出する作品に出演したという藤原さんは「また監督とご一緒できること、こうした大作感のある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入りこまなければいけない作品だと痛感しております」と語り、一方、初めて入江監督作品に出演することとなった伊藤さんは「初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、アクションなど細かい所にもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱をそそいで演じたい。また、時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います」と意気込んだ。また、今回初共演となる2人。藤原さんは「伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたい」と話していた。

入江監督は「この映画の企画を実現するのに、約2年半をかけ脚本は37稿の改訂を重ねました」と長きにわたって構想をしてきたと明かし、「お2人がこの映画の中で生きるキャラクターをどう演じてくださるか、いまからとても楽しみです。緊張感みなぎる新しいサスペンス映画の誕生にご期待ください」とメッセージを寄せていた。

なお、本作はすでにクランクインしており、クランクアップは9月上旬予定とのことだ。
 

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年初夏、全国にて公開予定


映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』オフィシャルサイト
藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演! 殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』 | cinemacafe.net
“殺人犯”藤原竜也&“刑事”伊藤英明、初共演でW主演 | ORICON STYLE
藤原竜也&伊藤英明のダブル主演!入江悠監督が手がけるクライムサスペンス『22年目の告白―私が殺人犯です―』来年公開 – AOLニュース
藤原竜也&伊藤英明「22年目の告白」で初共演!入江悠新作で美しき殺人犯と執念の刑事に : 映画ニュース – 映画.com
【映画】“殺人犯”藤原竜也&“刑事”伊藤英明、初共演でW主演 – 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
【エーチーム噂】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
エー・チームとは – はてなキーワード
伊藤英明とは – はてなキーワード



伊藤英明(エーチーム所属)

【エーチームって】伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した

伊藤英明(エーチーム所属)
親になって事務所社長の
愛を改めて実感した

A-team(エーチーム)事務所社長
小笠原明男(おがさわら・あきお)

 
人気コミックを実写化した映画「テラフォーマーズ」(公開中)で、男気あふれる主人公・小町小吉を演じている俳優・伊藤英明さん(40)。放送中のフジテレビ系ドラマ「僕のヤバイ妻」にも主演するなど、まさに絶好調の仕事ぶりですが、私生活でも2014年に結婚、昨年には長男も誕生しました。そんな公私ともに充実している伊藤さんが、その礎を築いた恩人への思い、そして、秘めた覚悟について語りました。
 


恩人への思い、そして、秘めた
覚悟について語った伊藤英明

 
恩人ですよね。もっと名前を聞いてすぐ分かるような人の方がいいのかもしれませんけど、やっぱりどう考えても事務所の社長、小笠原明男(おがさわら・あきお)さんです。
僕が芸能界に入ったきっかけは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」(1993年)だったんですけど、最初の事務所を3ヵ月くらいで辞めて、次の事務所も辞めて、そこから芸能界の仕事からは離れて、3年くらい家の解体のアルバイトをしていたんです。
やっているうちに現場を任されるようになったりして(笑)、しっかりと楽しんでやっていたんですけど、ある日、先輩に連れられて焼肉店に行ったんです。混んでいたので店先で並んでいたら、通りがかりの男の人から「君、何してるの?」って声をかけられました。それが、芸能プロダクションの部長さんで、この部長さんがたまたま僕の先輩と仲良くて、そんなつながりから紹介されたのが「A-team(エーチーム)」という今の事務所だったんです。
 


テラフォーマーズ(公開中)

 
そこから「A-team」の社長である明男さんから電話がかかってくるようになったんですけど、実は僕はあまり乗り気じゃなくて。「事務所に遊びに来いよ」と言われたんですけど、3ヵ月くらいそのままにしていたら、電話がかかってきたんですよ。「で、いつ来るんだ?」と。それでも3ヵ月ほど放置していたら「お前、この前来るって言ったじゃないか!!」と。それでも行かずにまた3ヵ月くらい経ったら、またまた電話がかかってきて、すごい剣幕で「来るって言ったら来いよ!!お前みたいなのは、東京に埋もれてダメになってしまう!!」って。
なんでこの人にそんなこと言われなくちゃいけないんだと思いつつも(笑)、さすがに事務所に行きまして、それで入ることになったんです。
なぜ、ちょっと会ったくらいの僕にそこまで熱のこもったことを言ってくれたか。
小笠原明男さんから直接言われたことはないんですけど、後々、テレビ局とか映画会社とか周りの人から漏れ伝わってきたところによると、「すごいのが入ってきそうだ」と言ってくれていたみたいでして。何かを感じ取ってくださっていたのか。
 


恩人への思い、そして、秘めた
覚悟について語った伊藤英明

 
だから、今から思うと、ド新人なのに、いきなりの抜擢が多かったんです。当時はそれも分からずにやっていましたけど、今考えると、ありえないくらいの番手の仕事をやらせてもらっていたなと。となると、それだけ、社長が頭を下げてくれていたということですからね。見い出してくれて、あきらめずに誘ってくれて、そして、いい仕事をこれでもかと与えてもらって。とにかく、とにかく、感謝しかないです。
当時は僕も若かったので、正直、迷惑をかけたこともあったんですけど、本当に根気よく、親のように、遠くから見てくれていました。何かがあった時に「そんなことやるな!!こうしろ!!」じゃなくて、本人がどう思っているかをすごく大事にしてくれる。明男さんのもとにいたからこそ、今もこの仕事をしているんだと心底思います。
あとね、ま、あんまり褒めてばっかりでもアレなんですけど(笑)、男気の塊のような人なんです。例えばね、あるCMの仕事があったんです。肉体を見せるようなCM内容だったんですけど、決まったのが急だったこともあり、体を作るのに間に合わない期間だった。ただ、僕はやる以上はしっかりとやりたいという思いがあったので「10日間、時間をください」と言ったんです。ただ、もうすでにその撮影スケジュールでスタッフさんも準備をしているし、流れも決まっている。
 


『僕のヤバイ妻』主人公・伊藤英明と
美しくも恐ろしい妻・木村佳乃

 
で、これも後から聞いたんですけど、それを受けて明男さんがCMの一番偉い関係者さんに「その流れでできませんでしょうか?もし、その流れにすることによってお金が発生したならば、それは、うちが全額負担しますので」という掛け合ってくれて、結果、時間をもらえたんです。
当時の事務所、大変だったと思うんです。そんなに世に出ているタレントもいないし、そんな中、マネジャーの給料も払わないといけない。さらに、僕も仕事なんてなかったのに、毎月決まった給料をくれてたんです。というのも、若いですし、アルバイトにのめりこんだりしたら、性格的にそっちにハマっていっちゃうこともある。それを明男さんは分かってくれていて、アルバイトをしないでいいように最初から給料を払ってくれていたんです。
そんな弱音は口が裂けても言わない人なんですけど、周りから聞いてみると、絶対に事務所も金銭的に楽な状況ではなかった。それでも、給料が遅れることは一回もありませんでした。
 


テラフォーマーズ(公開中)

 
恩着せがましくしてあげるんじゃなく、なんなら、してもらっているということを相手に感じさせない。人の痛みをくんで、自分の痛みは見せない。そういう人間に、自分もなりたいです。
この仕事をしていたら「あの仕事がなかったら、次もなかった」と思えるようなターニングポイントって、たくさんあります。ただ、その中でも今は40代に入って、結婚して、子どももできて、とりわけターニングポイントに差し掛かっているなと。
自分でもこんなに大きな動きがあるとは思ってなかったんですけどね(笑)。結婚に対しても何とも思ってなかったですし、妹に3人子供がいるんで子どももそれで十分かなと思ってたんですけど、やってみると大きく変わると言いますか。
 


テラフォーマーズ(公開中)

 
子どもができて改めて思ったのが、自分もこうやって明男さんから愛情を受けていたんだなということ。まだ親になって数ヵ月、結婚して、1~2年しか経ってないんですけど、そこのありがたさを痛感しています。
例えば、心配って皆なするじゃないですか。誰でも持っている感情。でも、こちらが心配していることが相手に伝わると、相手にとってはそれが意外とストレスだったりもする。勝手な話なんですけど、鬱陶(うっとう)しく思ったり、反発したり。当然、明男さんも僕に対して、心配をしていたんだと思うんです。でも、僕に対してはそれを出さない。出さないように努めるというのも愛情だと思いますし。それをサラッとしてくださっていたであろうことを息子を通じて、また気づかされました。
恩返しですか・・・。今の関係性で言うと、見てくださっている方が楽しんでくださったり、感動してくださったりする作品になるよう、自分が真剣に取り組むこと。これが、明男さんへの恩返しにもなると思っています。あと、そんな話、明男さんは言わないでしょうけど、もし、もし、あの人が本当に困ったら全てを投げ出して、何も言わず駆けつける。ずっと、その思いを持っていることでしょうね。
 


伊藤英明(エーチーム所属)

伊藤英明(いとう・ひであき)

1975年8月3日生まれ。岐阜県出身。93年に「第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞したことをきっかけに芸能界入り。「海猿」シリーズで映画・ドラマとも主演を務め、話題を呼ぶ。映画「テラフォーマーズ」では主役・小町小吉を演じている。フジテレビ系ドラマ「僕のヤバイ妻」にも主演。2014年に一般女性と結婚。翌年、長男が誕生する。


伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した | THE PAGE(ザ・ページ)
【エーチーム社長・小笠原明男】伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム社長・小笠原明男】伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した
“背筋凍る系”ドラマ「僕のヤバイ妻」、伊藤英明に「クズ野郎過ぎて良い」の声。音楽にも注目が | E-TALENTBANK co.,ltd.
伊藤英明・三池崇史監督と「テラフォーマーズ」を語る 「盛り上がって見られる映画ができた」 | マイナビニュース
実写映画『テラフォーマーズ』小町小吉役・伊藤英明さんインタビュー | アニメイトTV
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
エー・チームとは – はてなキーワード
伊藤英明とは – はてなキーワード



伊藤英明(エーチーム所属)