カテゴリー別アーカイブ: 伊藤英明 映画

【エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート

藤原竜也×伊藤英明
「22年目の告白」
エキストラ1000人超えの
大規模撮影レポート

2017年6月10日より
全国ロードショー

 
本作は、1995年に起きた連続殺人事件を巡るサスペンス。未解決のまま時効を迎えた事件だったが、発生から22年後のある日、犯人を名乗る男が“殺人手記”を発表したことから騒動が過熱していく。美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原竜也が、犯人を追い続けてきた刑事・牧村航を伊藤英明(エーチーム所属)が演じ、「SRサイタマノラッパー」の入江悠が監督を務めた。
 

 
この日撮影されたのは、曾根崎の手記「私が殺人犯です」の出版記念サイン会のシーン。東京都内にある複合商業施設のイベントスペースには特設ステージが組まれ、不敵な笑みを浮かべる曾根崎のポスターがあらゆる場所に吊り下げられている。観客として集められた1000人以上のエキストラが幾重にも列をなし、多くの報道陣が待機する光景に、思わず足を止める一般の通行人も多くいた。一方、会場の後方では抗議団体が「人の不幸で金もうけするな」などと書かれたプラカードを持って怒号を響かせ、警備員と揉みくちゃになっている。
 

 
満を持してステージ上に曾根崎が現れると、会場からはスタッフの指示通りに悲鳴のような歓声や、「そーねざき!」というコールが発生した。またビルの外では、牧村とその後輩刑事が会場に駆け付けるシーンの撮影も。被害者遺族が曾根崎への復讐を企んでいると聞きつけた2人は、それを阻止すべく抗議団体を押しのけて会場を目指す。
 

 
大規模な撮影を終え、藤原は「実はたくさんのエキストラの方が入る撮影は少し苦手で(笑)。でも面白かったです」と振り返る。これまでも殺人犯役を多く演じてきた藤原だが、曾根崎という男を演じ、「注目を集めなければいけないし、強烈なインパクトも必要とされていました。なので初期の段階から、監督も含めて衣装・メイクチームみんなが協力してくれて作っていったキャラクターだと思います。今までにあるようでなかった役です」と手応えを感じている様子だ。
 

 
1995年の過去パートから2017年の現代パートまで、時系列に沿って撮影された本作。時代の変化を見せる描写として、ほかにも1995年パートを16mmフィルムで撮影したり、2017年パートにはプロジェクションマッピングを用いた演出を入れるなど、細かなこだわりが盛りだくさんだという。伊藤は「どうしたって41歳の男が23歳を演じるのは難しいですね」と苦労を吐露。髪型など外見で年の重ね方を見せただけでなく、「(劇中のニュース番組で)過去の映像が流れる中、もう一度自分の中で当時を思い返すというのもすごく重要な役作りの1つでした。ト書き1つもそうだし、美術、メイク、衣装、そういうものの力も借りて演じているんだなと改めて思いました」と語った。
 

 
また監督の入江は脚本の執筆にも参加し、計37稿にものぼる改訂を重ねていったという。時効という問題を取り扱っていることで、法律監修の協力を受け、クランクイン後もキャストと一緒にシーンごとに台本の内容を検討してきたと話す入江。「1995年は自分にとって、言わば一番多感な時期に地下鉄サリン事件や阪神・淡路大震災が直撃した意味のある年なので、その年と現代の両方を描くというのは思い入れもやりがいもありました」と述べている。
 

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年初夏、全国にて公開予定


映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』オフィシャルサイト
藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート – 映画ナタリー
藤原竜也&伊藤英明、初共演に刺激と手応え「熱こもった話し合いしていた」 : 映画ニュース – 映画.com
藤原竜也と伊藤英明、初バトルの感想は?『22年目の告白』撮影現場に潜入 | ニュースウォーカー
エーチーム/エーライツの評判・噂・2ちゃんねる – 楽天ブログ
【エーチームグループ評判】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート: エーチームオーディションに関するQ&A♪
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【エーチーム2ちゃんねる】藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」、エキストラ1000人超えの大規模撮影レポート
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
エー・チームとは – はてなキーワード
伊藤英明とは – はてなキーワード



伊藤英明(エーチーム所属)

 

【芸能事務所エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』

藤原竜也×伊藤英明が
初共演でW主演!
殺人犯と刑事に扮する
『22年目の告白』

『22年目の告白―
私が殺人犯です―』日本映画化


藤原竜也×伊藤英明

 
2012年に韓国で製作され、動員270万人を突破したクライムサスペンス映画『私が殺人犯です』。この度、この映画を原作とし、世代を代表する俳優、藤原竜也と伊藤英明(エーチーム所属)がW主演で、『22年目の告白―私が殺人犯です―』として日本映画化することが決定した。

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけること、背後から縄で首を絞めあげること、そして目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させること。その3つをルールとした残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。
 


藤原竜也

 
そして22年後のある日。1冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です」。それは、95年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。反感の情を押さえきれない世間。過熱するマスコミ報道、SNSにより一躍曾根崎は時の人になっていく。日本中を巻き込むその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった・・・。

告白本を出版する美しき殺人犯、曾根崎雅人役は、日本が誇る演技派俳優・藤原さん。幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『僕だけがいない街』を始めとする主演作を大ヒットに導いてきた。そして、事件発生直後から曾根崎を追い続けてきた刑事・牧村航役には、『海猿』シリーズなどで“熱い漢”を多く演じる一方で、『悪の経典』では猟奇殺人犯を熱演するなど、幅広い役をこなす本格派俳優・伊藤さん。“美しき殺人告白者”と“22年間事件を追い続ける刑事”、世代を代表する2人の火花散る演技に期待がかかる。そして、メガホンを取るのは日本映画界期待の新鋭・入江悠。『SR サイタマノラッパー』シリーズで一躍注目を集め、その後も『ジョーカー・ゲーム』などの話題作を手掛けてきた監督だ。
 


伊藤英明(エーチーム所属)

 
以前、「ブルータスの心臓」で入江監督が演出する作品に出演したという藤原さんは「また監督とご一緒できること、こうした大作感のある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入りこまなければいけない作品だと痛感しております」と語り、一方、初めて入江監督作品に出演することとなった伊藤さんは「初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、アクションなど細かい所にもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱をそそいで演じたい。また、時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います」と意気込んだ。また、今回初共演となる2人。藤原さんは「伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたい」と話していた。

入江監督は「この映画の企画を実現するのに、約2年半をかけ脚本は37稿の改訂を重ねました」と長きにわたって構想をしてきたと明かし、「お2人がこの映画の中で生きるキャラクターをどう演じてくださるか、いまからとても楽しみです。緊張感みなぎる新しいサスペンス映画の誕生にご期待ください」とメッセージを寄せていた。

なお、本作はすでにクランクインしており、クランクアップは9月上旬予定とのことだ。
 

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年初夏、全国にて公開予定


映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』オフィシャルサイト
藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演! 殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』 | cinemacafe.net
“殺人犯”藤原竜也&“刑事”伊藤英明、初共演でW主演 | ORICON STYLE
藤原竜也&伊藤英明のダブル主演!入江悠監督が手がけるクライムサスペンス『22年目の告白―私が殺人犯です―』来年公開 – AOLニュース
藤原竜也&伊藤英明「22年目の告白」で初共演!入江悠新作で美しき殺人犯と執念の刑事に : 映画ニュース – 映画.com
【映画】“殺人犯”藤原竜也&“刑事”伊藤英明、初共演でW主演 – 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
【エーチーム噂】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム評判】藤原竜也×伊藤英明が初共演でW主演!殺人犯と刑事に扮する『22年目の告白』
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
エー・チームとは – はてなキーワード
伊藤英明とは – はてなキーワード



伊藤英明(エーチーム所属)

【エーチームグループ噂】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!

実写・テラフォーマーズは
「すげえ楽しかったね!」
といえる作品!

「テラフォーマーズ」は
4月29日より全国ロードショー


伊藤英明(エーチーム所属)

 
現在、テレビアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』も放送中! 発行部数1500万部を突破した大人気コミック『テラフォーマーズ』の実写映画が、4月29日よりいよいよ公開されます。
そこで、主人公の小町小吉を演じた俳優・伊藤英明さんにインタビュー。ご自身の演技観や撮影秘話を語ってくれました。インタビュー開始直前、アニメ媒体とわかるやいなや「アニメイトって岐阜にも昔からありますよね? よく行ってましたよ」と教えてくれた伊藤さん(註:伊藤さんは、岐阜県の出身)。なんでも、子どものころには『聖闘士星矢』や『魔神英雄伝ワタル』『めぞん一刻』のほか、『タイムパトロール隊オタスケマン』といったアニメも大好きでよく観ていたそうです。
「子どものころはよくわからないまま観ていた部分もありますけど、それでも胸に刺さる何かってあったじゃないですか!」と、当時のアニメへのアツい気持ちを明かし感慨深げ。そんな思いは、今作にもリンクしている部分があるようです――。テレビやスクリーンではうかがい知れない、アニメ好きの片鱗が見えた伊藤英明さんに、実写映画『テラフォーマーズ』への想いを語って頂きました。
 

「現場での勢いというか。小難しく考えて演技しようとはしてないんです」

――人気マンガの実写化ですが、プレッシャーはありましたか?

伊藤英明さん(以下、伊藤):いや、僕はそんなに感じないっすね。“ただ演じるだけ”なので。しかも、恥ずかしい話この話いただくまで原作を知らなくて(苦笑)。お話をもらってはじめて読んだんですよね。ただ1巻を読んだら、設定がすごく面白いじゃないですか。「こんなアイデアの詰まった作品誰が書いたんだろう!?」って、そっちのほうが興味ありました。

――そういうスタンスだと、いわゆるまわりの声はあまり気にならなかった?

伊藤ですね。例えば『海猿』って、原作のマンガとは設定がかなり違うじゃないですか。僕、『海猿』はもともとマンガも好きで読んでいたんですけど、そこで僕がもし「マンガと全然違う設定だから・・・・・」ってなっていたら、あそこまでにはなってないと思うんです。

――確かにあの実写化はとても高い評価を得ましたよね。とすると、忠実さを追い求めるだけではなく、実写だからこその表現方法で作品の魅力を引き出すことが重要なのかもしれません。

伊藤実写は、あくまでも生身の人間がやるものですからね。観る人たちには、「大好きなマンガやアニメがが実写になるんだ!」っていう“ワクワク感”のほうを大事にしてもらいたいなって思っています。だからこそ、まわりの声はあまり気にならないんですよ。

それに、制作側からすると“得”っていう捉え方もできる気がするんです。作品を知ってる人がいるっていう状態から入れるので、お客さんに興味を持ってもらえる。期待されないような作品よりは、「原作と違う」とかいろいろな意見がありながらも、関心を持ってもらえるほうがいいんですよ。そういうお客さんに向けて作っていけると思うので。
 

 
――では、役作りについても。原作は読まれたとのことですが、テレビアニメ版の『テラフォーマーズ』は観ましたか?

伊藤観てないんですよ。オープニングテーマは聴いたんですけどね。あくまでも原作あってのアニメ化だし、映画とは設定も違うし。観ると声優さんのモノマネになっちゃうじゃないですか。

――なんらかの影響はされてしまうかもしれませんね。では、あくまでも原作から得た小吉像で役を作り上げたんですね。

伊藤というか、今回はCGの合成処理が多く、衣装も重かったため、はっきり言って体力勝負が強かったですね。監督の演出を自分の想像力でいかに消化できるかっていう課題もあったし、撮影方法も常に“見えない敵と戦ってる”状況だったしで、がむしゃらだったんですよね。なので、気持ちとしては「とにかく楽しもう」と。そもそも、宇宙服に手を通すだけでワクワクするし、素晴らしいセットがあってその空間に入ることにもワクワクするんですよ。

――実際にその空間に居ることが、いちばんの役作りだったと。

伊藤衣装を着た瞬間とか、メイクしたり、セットに入った瞬間に変われました。撮影に入る前は「500年後の地球で、人間はどうしているだろう」みたいなことも考えてたけど、いざ入ってしまうとそういうことを飛ばしても成立すればいい。現場での勢いというか。小難しく考えて演技しようとはしてないんです。
 

「何も考えず、アトラクションに乗るような気持ちで観てほしい」

――この作品の大きな見どころのひとつにアクションがあります。先ほどもがむしゃらだったと言っていましたが?

伊藤現場にはテラフォーマー(人形)が3体いたんですけど、大きさとか質感とか、雰囲気を出すためにいたというだけで、実際に当てたり対峙するってことはあまりなくて。完成された映像に映っているテラフォーマーは全部CGなんです。だから、アクションの撮影は基本相手ナシで、ひとりでやらなきゃいけなかった。それが特殊でしたね。僕にとってははじめての経験でした。ジャンプしてパンチするシーンも、相手がいれば当たるんだけど、いないからヌケちゃって体勢を戻せなかったり。

――先ほど言っていた“見えない敵と戦ってる”って、そういう意味だったんですね! しかもあの宇宙服を着てですもんね・・・・・。

伊藤あれ、着ると体感で20キロくらいあるんですよ。その圧迫感の中でアクションするので、やっぱり体力が要りましたね。ただ、その大変さを知ったうえで、ケインさん(ケイン・コスギ/ゴッド・リー 役)の動きを見たとき「すげえなあ!」と思ったんですよ。

――実際に映像で観ても迫力満点でした。さすがケインさん!というか。

伊藤あそこでもう、これはドラゴンボールの感覚で観りゃあ良いんだみたいな(笑)、そんな気持ちになりましたね。
 

 
―あとは、変身シーンも見どころかと思います。どの方もすばらしい再現度でしたが、伊藤さんが見て「すごい!」と思った方は?

伊藤そりゃあもう、山P(山下智久さん/武藤仁 役)でしょ。山Pすごかったんですよ。もともとダンスやってるし運動神経良いし、感覚がすごい良いんですよね。今回はアクションに加えて役を演じなきゃいけないし、CGが施されることを想定しなきゃいけなかったけど、それでもしっかりやりきってた。

――確かに、山下さんの役どころは一番難易度が高い気がしましたね。

伊藤高いでしょうね。最後のほうのシーンなんて上半身と下半身の動きを合わせるのも相当難しかったと思うんですけど。ものすごくマジメでストイックな男だからできたのかもしれない。それに、いままでの彼のイメージと違って感情をむき出しにする役だったので、よけいにカッコよく見えました。『テラフォーマーズ』の世界観が全面に出ている気がします。

――そう、うちの読者は展開を知っている人も多いと思うのであえて言いますが、武藤仁の最後はとくに感動を誘いますよね。生き様や男の友情を表していて。あのシーンはどのように演じたのでしょう?

伊藤いやあもう、何も考えてないですよ(笑)。

――やっぱり(笑)。いままでの話を聞いた感じ、そんな気もしましたが・・・・・!

伊藤そりゃあずっと撮影してましたから、流れでっていうのはありましたけどね。今回は演技をストレートに見せるっていうよりは、仕掛けだったりCGだったりのバランスをとりながらの撮影だったんですよ。例えば、山下くんのまわりには羽を動かす人がいたり、涙をながす人がいたりして、そのタイミングと演技をあわせる必要があったり。
 

 
――役に入り込むだけじゃない難しさがあったんですね。

伊藤そこは現代劇とは全然違うところなんですよね。だからこそ、というのもあれですけど、この作品は何も考えず軽い気持ちで観てほしいなっていうのがあります。映画は、エンターテイメントのど真ん中にあるもの。子どものころ、友だち同士で観に行ってすげえ盛りあがったりしたじゃないですか。話の内容より先に、「すげえ楽しかったね! すごかったね!!」みたいな。あの感覚が蘇るような映画だなあと思うので。

――伊藤さん自身「とにかく楽しもう」という気持ちで臨んでいたくらいですし、そこから得られるワクワクは大人だけでなく子どもにも伝わりそうですね。

伊藤僕も、子どものときに観たかった映画だなって思いましたからね。レーティングがついてないって知ったときも安心したし・・・・・。大人も子どもも、何も考えずアトラクションに乗るような気持ちで観てほしいです。
 


伊藤英明(エーチーム所属)

 
子どものころ、アニメを観て感じていたという「胸に刺さる何か」。伊藤さんは、この作品にも近しいものを見ていたようです。果たして、みなさんはどのように映るのでしょうか・・・・・? 映画『テラフォーマーズ』公開は、もうまもなく!

公開情報

映画『テラフォーマーズ』
4月29日(祝・金)より全国ロードショー

監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬
原作:「テラフォーマーズ」作:貴家悠/画:橘賢一(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
配給:ワーナー・ブラザース映画

<STORY>
21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと<ある生物>を送ることで、火星を地球化させようとした。
それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。簡単な仕事、高額なギャラに参加を決めたメンバーたちだが、小町小吉(伊藤英明)だけは勝手に志願した幼馴染の奈々緒(武井咲)に付き合い、火星行きを決意していた。ところが火星に着いたら、話が全っ然違う!<ある生物>は人型に異常進化した驚愕生物=テラフォーマーへと姿を変え、その凶暴性で隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況。しかし彼らの身体には、彼らも知らされていないある秘策が仕込まれていた!果たして人間たちは自ら生み出してしまった想定外のヤツらに打ち勝ち、生きて地球へ帰ることができるのか。
 

映画『テラフォーマーズ』予告編

映画『テラフォーマーズ』公式サイト
映画『テラフォーマーズ』公式ツイッター
映画『テラフォーマーズ』公式Facebook
実写映画『テラフォーマーズ』小町小吉役・伊藤英明さんインタビュー | アニメイトTV
【エーチーム噂】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチームグループオーディション】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エー・チームとは – はてなキーワード
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
伊藤英明とは – はてなキーワード