カテゴリー別アーカイブ: エーチーム 事務所

【エーチーム事務所評判】秋山菜津子「あらゆる方に観て頂きたい」 こまつ座「きらめく星座」開幕

秋山菜津子(エーチーム所属)
「あらゆる方に
観て頂きたい」

 
こまつ座「きらめく星座」開幕
 
こまつ座「きらめく星座」が昨日11月5日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで開幕した。

こまつ座旗揚げ翌年の1985年に初演された本作は、井上ひさしによる「昭和庶民伝三部作」の1作目。浅草のレコード店・オデオン堂を舞台に、太平洋戦争前夜までの1年間を描いた音楽劇が展開される。

演出を手がけるのは2009年、14年に続き栗山民也。主人公・ふじ役を2014年の上演版で読売演劇大賞最優秀主演女優賞を獲得した秋山菜津子演じるほか、山西惇、久保酎吉、田代万里生、木村靖司、後藤浩明、深谷美歩、阿岐之将一、岩男海史、木場勝己といった面々が出演する。


「きらめく星座」チラシ

 
また会場では第120回記念公演を記念し、井上ひさし未発表作品「パズル」の原稿の一部や、公演中止となった作品も含む過去作のチラシを展示する「こまつ座のキセキ」も開催される。開催に際しこまつ座代表の井上麻矢は「いつも観てくださるお客様にどうしたら喜んでいただけるか、私たちが今回企画した展示はそんな気持ちの中で生まれました。混沌とした時代だからこそ、劇場でしか味わえないものをお持ち帰りいただけるように取り組んでいます」とコメントを寄せている。

「きらめく星座」の東京公演は23日まで。城南信用金庫の吉原毅氏やいとうせいこうを招いてのトーク、辻萬長らによる「井上ひさし誕生日特別トークショー」などアフターイベントも行われるので併せてチェックしよう。11月30日には宮城・えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホールへと巡演する。

栗山民也コメント

三年前と同じ顔ぶれの俳優が集まった今回の稽古場は、実に豊かな時間だった。言葉が俳優の肉体に染み込んだ状態でスタート出来たので、自然に開かれていく様は、あたかも日常生活の断面をそのまま切り取ったように柔らかだ。井上さんに見せたい、聞かせたいと、心から思う。日常のニュースのなかに平然と流れる、「排除」「選別」といった言葉が人間に対して平然と使われる今の時代は、「きらめく星座」で描かれる時代と怖いほどに重なる。こういう芝居が必要ないと「排除」されるのなら、もう私たちの生活から物語や文化というものが、どこかへ葬られてしまう事になる。ちゃんと守らなくては、と切実に思う。

秋山菜津子コメント

私が今までに出会った作品の中で、ベストワンの戯曲であると改めて深く感じさせられた、今日までの稽古の日々でした。

何度も本作品を観ている方も、初めての方も、若い方も、演劇がちょっと苦手という方も、とにかく“現在(いま)”この時代に生きているあらゆる方に観て頂きたい。

これ程皆さんにお届けしたいと願う作品は、本当に稀かもしれません。それだけの魅力と力を備えた井上ひさしさんの「きらめく星座」。私も誠心誠意、心を込めて演じたいと思っています。

山西惇コメント

3年ぶりに高杉源次郎として初日を迎えられること、光栄に思います。

この名作戯曲を鯛の塩焼きに例えれば、夢中で食べた3年前と比べて、今回は一口ずつじっくり 味わい、残った骨からも美味しいお出汁をとっていただいた位に更に充実した稽古が出来ました。

初演から30年以上を経てもなお、益々輝きを増して今の私たちの胸に迫る「きらめく」台詞の数々を、素敵な共演者の皆様と共に精一杯お届けしたいと思います。

劇場にてお待ちしています。

田代万里生コメント

昭和15年の浅草の人々は、いったいどんな気持ちで、どんなきらめく星座を見上げていたのか。

現代の私たちは、今【何を】見上げているのか。今回の舞台は、例外なく誰にとっても自らのルーツに繋がっているのではないかと思います。井上ひさしさんの力強いメッセージをこの作品を通して精一杯体現し、人間そのものである『ピカピカの奇蹟』を、より一層輝かせることが出来ますように。数ある井上ひさし作品の中でも、自身の「私戯曲」とまで言っているほど思い入れのある大傑作。全力でお届け致します。

木場勝己コメント

1992年、初こまつ座が「きらめく星座」。この時の役は、脱走兵・正一です。

2009年、2014年の再演では、広告文案家・竹田慶介です。自ら語っていた台詞を聞き、聞いて いた台詞を、自らが口にする、奇妙で新鮮な経験でした。そして、もうすぐ初日の今回も、竹田慶介です。あの「人間広告」の台詞を、長年に渡って言わせていただきましたが、オデオン堂の居候も67才。今回が最後になるかも知れません。

こまつ座 第120回記念公演「きらめく星座」

2017年11月5日(日)~23日(木・祝)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2017年11月30日(木)
宮城県 えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール

作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:秋山菜津子、山西惇、久保酎吉、田代万里生、木村靖司、後藤浩明、深谷美歩、阿岐之将一、岩男海史、木場勝己

スペシャルトークショー
11月7日(火):秋山菜津子、山西惇、田代万里生、木村靖司、深谷美歩
11月12日(日):吉原毅氏(城南信用金庫 顧問)「―戦争の足音が聞こえる時代に―」
11月16日(木):辻萬長、木場勝己、久保酎吉、後藤浩明「井上ひさし誕生日特別トークショー」
11月21日(火):いとうせいこう「―『音楽』は人に『笑い』を連れてくる―」

秋山菜津子さんからメッセージ
こまつ座『きらめく星座』


公演情報|こまつ座
こまつ座「きらめく星座」開幕、秋山菜津子「あらゆる方に観て頂きたい」 – ステージナタリー
秋山菜津子 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|秋山 菜津子


広告

【芸能事務所エーチーム評判】酒井若菜の幕末愛が止まらない!書き下ろしエッセイ「西郷の盟友・大久保利通という男」

酒井若菜(エーチーム所属)
幕末愛が止まらない!

 
酒井若菜の書き下ろしエッセイ「西郷の盟友・大久保利通という男」
 
10月25日発売の九州ウォーカー冬号では、とある物事を深堀する特集「偏愛トリップ」を展開している。

そこで今回、幕末好きで知られる女優・酒井若菜(エーチーム所属)にインタビュー。幕末愛について語ってもらい、さらに!なんと5000文字超えのスペシャルエッセイも書いてもらった。その一部をWEBにて公開!止まらない偏愛っぷりをしっかり読んでほしい。

幕末の虜!酒井若菜インタビュー「『竜馬がゆく』は私の原点」

今から10年以上前、司馬遼太郎先生の歴史小説『竜馬がゆく』を読んで以来、幕末の虜になりました。恥ずかしながら最初は「佐幕」「尊王攘夷」などの、歴史における初歩的な言葉も知らなかったので、ちんぷんかんぷんだったんですが、歴史好きの友だちに意味を教えてもらったり、辞書で調べたりして、歴史の言葉を一から覚えていきました。だから私にとって、『竜馬がゆく』はテキストみたいなものなんです。私が「司馬女」を名乗っているのも、この本が私の原点、そしてバイブルでもあるからです。

今回のエッセイでは大久保利通を中心に書かせていただきました。本格的な西郷隆盛に纏わる話は、歴史のプロが書いてくださると思いましたので、私は別のアプローチで。西郷隆盛は、誰もが認めるヒーローというイメージがありますが、その一方で、大久保利通はわりとダークヒーロー的な存在と言われていますよね。西郷と大久保はまるで太陽と月、光と影のような関係です。大久保について詳しく語ることで、その隙間から西郷の魅力が覗けるのではないかと考えました。

書き下ろしエッセイ「西郷の盟友・大久保利通という男」

鹿児島では、西郷隆盛はヒーローだけど、実は大久保利通はダーティーヒーローだと認識している人も多いらしいよ」

15年以上前に、誰かからそんな話を聞いたことがある。本当だろうか。

無論、幕末、明治維新後の大久保利通について語った盟友たちの残した言葉は、「寡黙」「冷血」「頑固」「考えを一貫して変えない」「喜怒哀楽を表情に出さない」など、確かにダーティーな印象もあるし、その言葉を残した人物が語っているのは、我々の想像の上にいる大久保利通像ではなく、実際に体感した大久保利通像なのだが。

つい先日、京都に行った時、たまたま乗ったタクシーの運転手さんが70歳を超えたベテランのかただったのだが、たいへんな歴史好きなかたで、京都の歴史を次から次へと話してくださった。

「私、幕末が好きなんですよ」と言うと、運転手さんは「あら!そうなんや。そしたらな、おっちゃんが特別な話聞かせたるわ」と切り出した……

 
酒井若菜渾身の5000文字超え、スペシャル書き下ろしエッセイはまだまだ続きます!

酒井若菜

1980年、栃木県生まれ。グラビアアイドルとして注目された後、女優へ。現在は女優に加え、エッセイや小説、コラムなど文筆家としても精力的に活動している。


幕末愛が止まらない!酒井若菜の書き下ろしエッセイ「西郷の盟友・大久保利通という男」 | NewsWalker
【芸能事務所エーチーム噂】酒井若菜、岡村隆史との絆を語る「幸せになってほしい」「私の宝物」 | エーチームグループ情報
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム噂】酒井若菜が夜逃げ劇 『下北沢ダイハード』出演
【エーチーム評判】酒井若菜のプロ根性|エーチームオーディションに関するあれこれ
【エーチーム2ちゃんねる】酒井若菜のプロ根性 – エーチーム/エーライツ/エープラス@2ちゃんねる
【エーチーム噂】酒井若菜、10年ぶりのグラビア写真集『I LOVE YOU』 – エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」Powered by Ameba
酒井若菜 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|酒井若菜


【エーチーム事務所評判】結城アンナさん、夫・岩城滉一との生活を赤裸々告白「実は入籍したのは……」

結城アンナ(エーチーム所属)
夫・岩城滉一との生活を
赤裸々告白
「実は入籍したのは……」

 
週刊女性2017年11月7日号

還暦を迎えて、“終活”を意識することもありますけど、それよりも、生きることを考えたほうがいいと思うんです。これから何年、生きられるかわからないからこそ、今を大事にしたいです。できる限り、家族や友人と一緒に過ごす時間を持ちたいと思っています。そのためにも、これからの人生を大事にしたいですよね。」

そう語るのは、結城アンナ(エーチーム所属)さん。夫は俳優の岩城滉一(エーチーム所属)さん。おしどり夫婦としてCMやテレビに出演した。

アンナさんは、10代からモデルとして活躍したが、その後、専業主婦になり、芸能活動を控えていた。近年、テレビ出演などが増え、本格的に活動を再開。そうしたなかで、初めての著書『自分をいたわる暮らしごと~おしゃれで心豊かな日々の重ね方』を上梓し10月27日に発売する。

本では、アンナさんの自宅でのライフスタイルを初公開し、自然体でポジティブな生き方や楽しみ方、半生が綴られている。

「最初は、特別、何もない私のことを書いた本を誰かに買ってもらえるのか、心配でした。でも、途中からは、ちょっと感動していたんです。ふだんの生活とともに、昔のことを思い出すことで、自分のストーリーを1冊にまとめられることができると思い、うれしかったです。」

アンナさんは、1955年にスウェーデンで、日本人の父とスウェーデン人の母の間に生まれた。

郵便局員のスタンプを押す姿がカッコよく、“ごっこ遊び”をしていた少女は、夏休みなどで行き来する日本での生活が、たちまち好きになったという。

「スウェーデンでは、両親が共働きだったので“鍵っ子”でした。でも、日本の祖父の家は大家族で、いつもたくさんの人がいたので、それがすごく楽しかったです。スウェーデンに戻るときには、空港で腹痛を起こして、飛行機に乗れないことが何度かありました。精神的なもので、それくらい日本にいたかったんです。

その後、家族で日本に移住。スカウトされ、15歳のときにモデルデビューした。


22歳ごろのモデル写真。大黒柱として
仕事と子育てに奔走していた

 
16歳で、岩城さんと出会い、20歳のときに結婚。長女を出産した。そのころ、岩城さんは駆け出しの俳優。アンナさんは一家の大黒柱として、モデルの仕事と子育てに追われる多忙な生活を送った。

「お金はなかったですけど、全然、平気でした。若さでしょうか、なんとかなるって思っていました。日用品がなくなったときには、主人に“パチンコに行ってきなさい!”と。勝った景品でしょうゆとかいろんなものを持って帰ってもらいました(笑)。

岩城さんが、俳優として活躍するようになると、アンナさんは、30歳でモデルを辞め、念願だったという専業主婦になった。

30代、40代は家庭中心の生活を送りながら、夫婦共演のCMなどに出演していた。

「両親が離婚したこともあって、自分の子どもや家庭は、何があっても守ると決めていました。20代がとても大変だったので、30代、40代は、少し肩の荷が下りた感じでしたね。」

子育てが一段落して迎えた50代。更年期世代をどう乗り越えたのか尋ねると、

「朝、起きたときにものすごく目が回ったりしましたが、眠れば治ると思うタイプなので、あまり気にしていませんでした。今、振り返ってみれば、ホルモンバランスを崩していたんだと思います。」

そして、迎えた60代の心境が、冒頭のコメントだ。


アンナさん43歳ごろ。
イタリア旅行での夫婦ショット

 
40年になる岩城さんとの夫婦生活についての質問には、こんなエピソードを教えてくれた。

「実は、ずっと同棲で、娘が大学生のときに入籍したんです。夫婦ゲンカをして、離婚する? と言っても(公的に)結婚していないですから(笑)。ケンカも続かないんですよ。そんなことも、夫婦生活が長持ちした秘訣のひとつかもしれませんね。」

アンナさんは、結婚願望がなかったが、入籍は、書類上でも正式な夫婦のほうが、現実的なメリットがあったためという。

岩城さんとは、ときどき映画を見に出かけたり、自宅近くの公園まで散歩して、お茶をするデートをしているそうで、仲睦まじい夫婦の姿が浮かぶ。

本について、岩城さんの感想は?

「まだ、読んでいないけど、制作過程を知っているので、“いいんじゃない”と、言ってくれると思います。」

そしてこれから、アンナさんの本を手にする読者にメッセージを。

「先日、健康診断で、ストレスホルモンの数値が高く、驚かれました。私自身は、幸せで、何もないように見えても、ストレスがたまっていたんだと思います。ストレスは、身体だけでなく、精神的にも、肌にもすべてのことに悪い影響を与えます。日常生活で、ストレスをためないための工夫として、自分をいたわることが必要だと感じています。いたわることは、食事、寝ること、散歩、バスタイムでもできて、さらに、ポジティブな気持ちも大切です。いたわることは、自分を愛すること。そうしないと、他人を愛することも、ましてや家族にもやさしくできないと思います。私の本が、そうした気持ちになれるインスピレーションやヒントになったら、うれしいです。」

秘蔵ショットや自筆のイラストが収録されたスタイル本は、アンナさんの人生にとっても新たな1ページに。

今後については?

「誘われたことは何でもやってみたいですし、開いている扉の向こう側は覗いてみたいです。モデル? 声をかけてもらえたなら、やりますよ。でも、ちょっとやせないといけないかな(笑)。」

美しく年齢を重ねたいと思う多くの女性にとって、そのシンボルのひとりとして、注目されそうだ。


結城アンナさん、夫・岩城滉一との生活を赤裸々告白「実は入籍したのは……」 | 週刊女性PRIME
エーチーム・エーライツ/News: 【エーチーム事務所評判】岩城滉一語る『北の国から』、「僕にとって別格の宝物」
【エーチーム噂】岩城滉一2014年「日本芸能界初」宇宙の旅|エーチームオーディションに関するあれこれ
結城アンナ | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|結城アンナ
岩城滉一 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|岩城滉一