カテゴリー別アーカイブ: エーチームアカデミー費用

【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」

吉岡里帆(エーチーム所属)
の怪演に反響「サイコパス」
「異常性が際立った」

火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)


吉岡里帆(エーチーム所属)

 
松たか子主演の連続ドラマ『カルテット』(TBS系列、毎週火曜22:00~)第6話が、2月21日に放送。今回は、主人公・真紀の夫で、1年前に失踪していた幹生がついに登場し、夫婦の過去が明らかになる。


吉岡里帆

 
本作は、冬の軽井沢を舞台に、弦楽四重奏団「カルテットドーナツホール」を組んで共同生活を送る巻真紀(松)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)が繰り広げる、大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンス。真紀は既婚者だが夫が失踪しており、すずめは真紀の義母・巻鏡子(もたいまさこ)の頼みで、真紀が夫を殺したのかどうかを探るため、カルテットに参加している。


吉岡里帆

 
ストーリーの転換期となった第5話では、真紀へ感情移入してしまったことから、すずめはスパイ活動をクビになってしまった。代わりに引き継いだ有朱(吉岡里帆)は、穏便にスパイ活動をするすずめとは違い、4人の別荘に押しかけ「なぜご主人が消えたのか」「真紀さんも嘘つき」「ご主人もう生きていないかもね」などと真紀に詰問し、困らせる。


吉岡里帆

 
そんな中、これまでの真紀の会話が録音されたICレコーダーを有朱が落としたことで、有朱がスパイなことだけでなく、すずめがスパイをしていたこともバレてしまった。真紀が驚愕する中、有朱は鏡子に頼まれたことを明かして「あの人はおかしい。真紀さんがご主人を殺したなんて言うけど、“私たち”は妄想だと思ってた。真紀さんのことも信じてたから、調べてあげようと思って」と饒舌に言い訳を展開し、涙ぐむすずめを見て「ね?」と同意を求めた。


吉岡里帆

 
ネット上には、吉岡の演技について「怪演ぶりに魅了された」「ありすちゃんの異常性が際立った」「サイコパスな演技っぷりすごい」などと反響が多く見られたほか、「ありすも何か秘密があるのか? サイコパスっぽくて怖い」「真紀さんのスパイじゃなくて、真紀さん&すずめちゃんの友情を破壊するのが使命だよね」「すずめだけを裏切り者にすればいいのに、何故庇った?」などの声が上がっており、その有朱の行動はさまざまな憶測を呼ぶこととなった。


吉岡里帆

 
そして第6話では、1年前に失踪したはずの真紀の夫・幹生(宮藤官九郎)が突然軽井沢に現われる。ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付く。一方真紀は、軽井沢で鏡子と再会。「幹生を殺したのか」と問い詰められた真紀は、ゆっくりと夫婦の過去を語り始め・・・・・。


火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ
『カルテット』吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」 | マイナビニュース
平凡な悪女がめちゃ怖い…吉岡里帆の演技にみんなも絶賛ですね。 – NAVER まとめ
【エーチーム噂】吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」 | エーチーム/エーライツの評判・噂・2ちゃんねる – 楽天ブログ
【エーチームグループオーディション】吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」: エーチームオーディションに関するQ&A♪
【エーチームグループ噂】吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆
エー・チームとは – はてなキーワード
吉岡里帆 – Wikipedia



吉岡里帆(エーチーム所属)
広告

【エーチーム噂】吉岡里帆、心霊ドッキリで大号泣! ピュアすぎる姿で好感度さらに上昇

吉岡里帆(エーチーム所属)
心霊ドッキリで大号泣!
ピュアすぎる姿で
好感度さらに上昇

『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)


吉岡里帆(エーチーム所属)

 
女優の吉岡里帆(24)が、2日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で見せたリアクションが「可愛すぎる」と話題になっている。

「突然インタビュー中に怪奇現象が起こったら信じる? 信じない?」というドッキリを仕掛けられた吉岡。スタジオの一角でインタビューを受ける彼女が不可解な出来事に出くわした場合、どんな反応をするのか検証するモニタリング企画だ。


吉岡里帆

 
さっそく記者が身の回りで最近起こった怪奇現象を話し始めると、なぜか吉岡は心霊にまつわる豆知識をノリノリで披露。霊感が強い友人がいるとのことで、ホラー系のネタに抵抗がないどころか好きなジャンルのようだ。そんな彼女は、霊媒師のように簡単な除霊方法を記者に教えるのだった。

その後、和やかな雰囲気でインタビューが進んでいると、突然上の方から「カンカン」と奇妙な音が。不思議に思った吉岡は「何か聞こえませんでした?」と声に出すも、記者は「聞こえませんでした」ととぼける。すると吉岡は「絶対ウソだ~」と人差し指をツンツン突き出して場を和ませた。


吉岡里帆

 
心霊現象に詳しいこともあってか、当初は余裕のあった吉岡。だがその後も不思議な事が起こり続けると、やがて険しい表情に。幽霊と思しき声が聞こえた際には絶叫しながら逃げ回り、スタジオにあったクマのぬいぐるみが勝手に動き出すと「ああああ~!」と激しく動揺した。

すると吉岡は、ぬいぐるみに向かって「怖がってごめんね」とポツリ。記者から名前をつけると味方になると教えられた彼女は、そのぬいぐるみを「ピッピ」と名付け、ようやく安心した表情に。だが記者の後ろから突然少女の霊が現れると、ふたたび大混乱。少女に「私のピッピ返して」と言われた吉岡は、「ごめんなさい!」と即座にぬいぐるみを渡すのだった。

ここでネタばらしされた吉岡は、「ダメですよ、本当にこれ…」と大号泣。そしてお化け役の少女を「生きてるんだよね? おいで」と呼び、「すごい演技力がある」と抱きかかえ、ようやく笑顔を取り戻した。


吉岡里帆

 
怯えまくった貴重なリアクションだけでなく、ぬいぐるみや少女に優しくするなど人柄の良さも見せた吉岡。そんな彼女に対してネット上の視聴者からは、「マジで純粋」「可愛すぎるだろ」「性格良すぎ」といった絶賛コメントが寄せられることになった。

吉岡といえば、現在放送中の『カルテット』(TBS系)に出演し、4クール続けて連ドラレギュラーを果たすなど、今もっともノリに乗っている若手女優のひとり。バラエティに呼ばれることも多く、そこでは明るい関西出身らしい明るいキャラクターを発揮している。今回、お茶目でピュアな素顔を垣間見せた彼女は、抜群の好感度を誇る実力派女優に成長するのかもしれない。


吉岡里帆

吉岡里帆が「モニタリング」で見せた姿 「可愛すぎる」と大好評 – ライブドアニュース
吉岡里帆、怯えて号泣する姿に視聴者ノックアウト「良い子」「完全に惚れた」 – モデルプレス
エーチーム/エーライツ/エープラス@2ちゃんねる – 【エーチーム2ちゃんねる】吉岡里帆、心霊ドッキリで大号泣! ピュアすぎる姿で好感度さらに上昇
【エーチーム評判】吉岡里帆、心霊ドッキリで大号泣! ピュアすぎる姿で好感度さらに上昇: エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームグループ/評判・噂・2ちゃんねる
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【エーチームアカデミー評判】吉岡里帆、心霊ドッキリで大号泣! ピュアすぎる姿で好感度さらに上昇
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆
エー・チームとは – はてなキーワード
吉岡里帆 – Wikipedia



吉岡里帆(エーチーム所属)

【芸能事務所エーチーム評判】蕨野友也(ウォル役)が激白「俺がウォルだ!」と言える日:舞台『デルフィニア戦記』第一章

蕨野友也(エーチーム所属)
ウォル役が激白「俺が
ウォルだ!」と言える日

舞台『デルフィニア戦記』第一章
2017年1月20日(金)~1月29日(日)上演


蕨野友也(エーチーム所属)

 
1993年に発表されシリーズ全18巻に達した冒険ファンタジー小説『デルフィニア戦記』は、累計320万部を超える販売数を誇る、今も根強い人気を誇る大作だ。その初めての舞台化となる本作にて、主演・ウォル役を務めるのは、蕨野友也(わらびの ともや・エーチーム所属)。『仮面ライダードライブ』敵幹部「ハート」役で好評を博した、まさに今が旬の俳優だ。しかも、見た目も中身もウォルに酷似していると高評価を得てのキャスティングだという。そんな蕨野が、どんなふうに役に向き合おうとしているのか、取材した。

――今回の舞台のオファーがきたときの、最初の感想は?

正直な思いは、 「どうしようか?」「なぜ僕なんだろう?」でした。マネージャーから原作の説明があり、「性格、たたずまい、言動から私生活、何から何まで、役にそっくりだから」と言われたのですが・・・・・どういうことなんだろう?と。でも実際、小説を読ませていただいて、確かに親子関係は似てるなと思いました。

――たとえば、どんなところが?

僕は上京して10年たつんですが、今でも毎日、宮崎の実家に電話をするんです(笑)。電話の中で、「親とこんなケンカをした」、「こんなことがあった」という話をよくマネージャーに話していたので、マネージャーも僕の親子関係を知っていて。自分自身も小説で描かれるものと似ているなと思いますし、そこはマネージャーのお墨付きです(笑)。

――親子関係が似ていると。蕨野さん自身とウォルも、似ていると思いますか?

そこはまだ、周りの「似ている」という評価に頼っている段階ですね。僕自身がそう思えたら、苦労はしないんですけどね。でも、無理に似せようとも思ってないです。あくまで中身は僕ですから。そのうえで、ウォルが僕に近寄るのか、僕がウォルに近寄るのか、すり合わせていこうと思っています。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――187cmという長身を含めた、ビジュアルはそっくりですよね。お会いして、ますます似てるな、と思いました。

長年のファンがたくさんいらっしゃる作品なので、ファンの方々は、キャラクターのビジュアルのイメージをお持ちだと思います。それを裏切らないよう、まずは体をきちんと作って芝居でお返ししたいなと。今まで、衣装をキレイに着こなすための体作りしかしてこなかったので、一~二周りは大きくしたいですね。舞台は、カメラで撮影する表現とは違うので、生身を観て大きく感じるような体をめざします。

――なるほど。原作を読んだということですが、どこが印象的でしたか?

実はつい先ほど、原作の先生と対談させていただいたのですが、そこでも同じことを聞かれまして(笑)。もう、「全部」としかお答えしようがありませんでした。実際、出版社のファンへのアンケートでも、「全部としか答えられない」という回答が多かったそうです。中身がぎっしりなので、「強いて言うなら」くらいでしか答えられないんですよ。

ウォルのシーンに限って言うと、お酒をガンガン飲むシーンですね。ウォルが、育ての父親と血がつながっていないことを知って、お酒を飲んで、ぶちぎれるエピソードが印象的でした。あとは、定番かもしれませんが一騎打ちのシーン。そこに至る過程もふくめ、大事に演じたいと思います。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――台本は、準備稿のものを読まれたそうですが。

小説の世界観そのままだな、という印象です。今回の舞台は原作の1~4巻までを描いているのですが、原作のストーリーそのままだと膨大な量なので、やっぱり削がなきゃいけない部分がたくさんある。どのシーンも大事で、1シーンなくしてもバランスが変わってしまう。先生は、「目で見るのと、口に出すのは違う。別の言葉で書いてくれたらいい」と仰ってくれましたけど、やっぱり原作ファンは、原作の中のセリフに思い入れがあるので脚本家の方は、今すごく大変だと思います。僕は役者なので、台本は待つしかできませんが、いい舞台を作り上げるまでに、たくさん葛藤があるだろうな、と思っています。

――どんな舞台になるか楽しみです。ちなみに、原作の先生とお会いしてみて、先生の印象はいかがでしたか?

雰囲気はおだやかな方でしたが、話すと、「やっぱりこの方が作者なんだ!」と感じるものがありました。天才的だなと思ったエピソードが、「書いているうちに、キャラの方向性がわからなくなる」とおっしゃったこと。ウォルとリィがいて、世界を変えるという大まかな段取りは決めていたけれど、当初2巻で終える予定だったそうなんです。それが4巻になり、最終的には18巻。書き手もどうなるかわからないまま、どこかから物語が降りてきて、キャラが勝手に生きていたそうです。天才ですよね、まさに。
 


大倉陶園の全面協力を受け制作
した「王家のティー・カップ」

 
――そんな作品の主人公ということで、プレッシャーも増したのでは?

先生は、僕のイメージがウォルに合うとおっしゃってくれまして、「うれしい、ありがとう」と何度も声をかけてくださいました。とてもありがたかったです。しかし、実際に先生にお会いして、改めて、僕はウォルであり続けなくてはならないんだと感じました。今も、ウォルとして意識して生活するようにしていますが、気が引き締まりました。

――ウォルとしての意識を持ちながら、生活しているんですか?

今年の頭にこの話がふわっと舞い降りてきて(笑)、それからずっとです。今は意図的に意識していますが、時がたてばそれが自然になって、考えないところまでいけると思います。スタッフさんから「似ている」と評価はいただいていますが、それを過信せず、かといって自分の素のままでいればいいというのでもなく、自分のなかにウォルが自然と存在するようになればな、と思っています。国を背負って大きなことを成し遂げる役でいなくてはいけない、というのは大変ですけど、それでもその役として生きたいです。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――役に対してすごく真面目なんですね!

いただいた役を、ひとつひとつ丁寧に演じたい、とは常に思っています。今回も、先生をはじめ、僕を選んでくださった方を裏切らぬよう、応えなければ、と日々プレッシャーを自分に与えています。

――いつも、生活のなかでもその役になるようなかたちで、役作りされているんですか?

『仮面ライダードライブ』のハートもそうでしたね。『仮面ライダー』は、50話の台本があって、最初は立ち位置が決められていました。でも半分過ぎたあたりから、どうなるのかまったくわからず、あがってくる台本によって進行が変わるんです。不安もありましたが、僕もみんなもキャラとして生きていて、そういう生活スタイルになっていたので、ハートとして終わることができました。

――魂ごと、その役になっていく感じなんですね・・・・・。続いて、相棒役であるリィや、リィ演じる佃井皆美さんの印象をお聞かせください。

先日、佃井さんとも対談したのですが、佃井さんはいろいろなことができる素晴らしい女優さんです。頼らないようにしようと思いつつも、ウォルという役自体がリィに頼っているので、頼ってしまうのかなあ、と。でも、リィが原作のなかで「頼られたら逃げる」というセリフを言っているので、僕もべったり頼りすぎないよう、気を付けます。頼るのではなく、“二人三脚”になりたいですね。そうじゃないと、ちゃんとした国盗り合戦に見えませんから。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――佃井さんとは初対面だったんですか?

いえ。以前、舞台を観に行って、みんなでお食事したことがあります。同い年ということで、距離も縮まりました。クールな印象があったのですが、その舞台では、すごくパワフルな役どころを演じていらっしゃって、なんでもできる人なんだなあと思いました。リィのつかみどころがなくて、神様みたいな万能なキャラクターに、ぴったりですよね。佃井さんが持っている、華やかで元気なところも、リィそのものだと思います。僕との身長差も、ピッタリですし(笑)。

――身長差も注目ですね(笑)。蕨野さん自身の舞台の経験は、3年前ですね。

3年前に一度主演をさせていただいて、それ以来ですね。経験が少ないのは確かですが、そのぶん自由にできることがあるんじゃないか、と前向きに考えています。知らないゆえの強みを活かしたいです。稽古はまだ始まっていませんが、全体的な完成をめざし、ディスカッションを重ねられたらと思っています。すでに賽は投げられていますから・・・・・。

――2度目の主演という点についてはいかがでしょう。

主演という立ち位置も、立ち回りも殺陣も、今の僕にはいろいろな課題があります。でも、いい経験をさせてもらえるのだとポジティブにとらえて、チャレンジしたいです。まわりがすごい方ばかりなので、ご迷惑をおかけすることが多いと思います。それでも、ウォルであることを大事にして、そこで戦う・・・・・そこでしか戦えないとも思います。

――稽古が楽しみですね。

すごい役者さんが集結するので、濃い時間になることは間違いないですよね! 座長ということはあまり気にせず・・・・・ちょっとは気にしつつ(笑)、負けじとがんばります。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――作品がファンタジーという点については、どう思いますか?

ワクワクする反面、「『デルフィニア戦記』は、アニメにしたほうがいいんじゃないかな?」という思いもあります。でも、アニメが先だったらキャラができあがっていて、やりづらいのかも(笑)。小説より、漫画やゲームなどのほうがキャラのビジュアルができあがっているので、舞台化する際のプレッシャーは強いかもしれませんね。でも、そんなプレッシャーがあっても、その役を楽しんでいる役者さんが沢山いるので、すでにビジュアルが確立しているものの役を演じる、僕もその一員に混ざりたいです。

――コアなファンが大勢いる作品という点については?

実は結構センシティブなので、ダメージはすでにいろいろ受けてるんです(笑)。本当にやれるのか?という不安要素はたくさんあります。それでも、キャラに“似せる”のではなく、“自分の思い”で演じたい。僕が僕であり、同時にウォルであるようにしないと、ブレてしまいますから。最終的に、なんと言われようとも、「俺がウォルだ!」って言えるくらいまで高めて、戦いたいですね。でも、伝えるものさえ伝えられれば、次につながると信じています。「第一章」と題していて、果たして何章まであるのかはわかりませんが、ウォルとして生き続けていきたいですね!

――ファンの方は女性が多いということですが。

ただただうれしいです!・・・・・緊張もしますけど(笑)。

――お話を伺っていて、芝居に対して本当に真摯なんだな、と思いました。そんな蕨野さんが芝居を「面白い」と感じるのは、どんなときなのでしょうか?

うーん・・・・・。面白いと思える日がきたら、この仕事をやめる日なのかもしれません。ふりかえって「楽しかったな」と思うことはあっても、やっていて楽しいと満足したら、終わりだと思っています。

――なるほど。目の前にあるときは“追求”するんですね。

今回だって、ギリギリまで芝居がどうなるかわかりません。僕は客観的に役をみることが多いので、台本を読んでいるときは、あれこれ考えてしまって雑念も多いんです。でも、いざ現場に入って味方が死ぬシーンを演じることになったら、当然冷静ではいられなくなる。“今”は冷静だけど、その時、そのシーンに応じて生の感情が動くんです。たとえば今、「親友が死んだことを想像しろ」と言われても涙は出ないけど、実際にその状況になったら、泣かずにはいられないと思う。それと同じです。

――その瞬間の本物の心の動きを、大切にしたいんですね。

舞台は同じ演技を何度もやるという意味で、繰り返しの演技がいい経験になるとも思いますが、何度やっても、初めてのように演じたいです。
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
――先ほど「面白いと思ったら仕事をやめる」という話が出ましたけど、今後も役者は続けていきたいですか?

先のことは考えていません。「こうでありたい」という理想はあるけれど、まだ自分がそこまで強くないから、戦えないんです。自分の弱さを知っているから、まずは現場で試していく段階だと思っています。

『仮面ライダードライブ』のVシネマでお世話になった監督からいただいた助言があるんです。去年の打ち上げで言っていただいたのですが、「いろんな経験をして、いろんな失敗をしたほうがいいぞ。そうしたら、舞台でのセリフの失敗なんて、ヘとも思わなくなるから」と。そこまでいったときが、本物の役者になれるときなんだと思います。だからまず、本物の役者になるために、たくさん失敗をしたいです。

今、登山やヨガなど、役者以外のいろいろなことに挑戦しているのも、そのためです。合う・合わないをたくさん経験することで、人として大きくなれる。役者といっても、まずは人間。役者としていいか悪いかより先に、人間として強くなれるよう、がんばっているところです。

――蕨野さんの今後を、応援していきたい気持ちになりました。最後にメッセージをお願いします。

今回の舞台は、原作の1~4巻での壮絶な戦いが描かれます。役者として生きる日々を糧にして、期待にこたえられるようがんばっていきます。素敵な舞台にする確信は、あります。『デルフィニア戦記』という作品を素晴らしい舞台にして、第一章を終えたいです!
 


蕨野友也(エーチーム所属)

 
公演情報:舞台『デルフィニア戦記』第一章
日程:2017年1月20日(金)~1月29日(日)
会場:天王洲 銀河劇場 (東京都)

原作:茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
演出・脚本:児玉明子
音楽:砂守岳央
<出演>
蕨野友也/佃井皆美/細貝圭
山口大地/林剛史/須藤公一
綾那(エーチーム所属)/三田村賢二
大原康裕
大沢逸美/小林勝也/山本亨 他
 


綾那(エーチーム所属)

舞台「デルフィニア戦記」公式サイト
舞台「デルフィニア戦記」第一章 | Twitter
舞台「デルフィニア戦記」第一章 ウォル役・蕨野友也が激白「俺がウォルだ!」と言える日 – 音楽ニュース
舞台「デルフィニア戦記」第一章 ウォル役・蕨野友也が激白「俺がウォルだ!」と言える日 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス
【エーチーム評判】蕨野友也(ウォル役)が激白「俺がウォルだ!」と言える日:舞台『デルフィニア戦記』第一章|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki – 【エーチーム噂】蕨野友也(ウォル役)が激白「俺がウォルだ!」と言える日:舞台『デルフィニア戦記』第一章
しょてだまし 蕨野友也オフィシャルブログ Powered by アメブロ
蕨野友也 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|蕨野 友也
蕨野友也とは – はてなキーワード
綾那 | Twitter
綾那 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|綾那
綾那とは – はてなキーワード
エー・チームとは – はてなキーワード



蕨野友也(エーチーム所属)